掲載している記事と広告表記について

なんだか記事広告などについてはきちんと書いておかないといけない風潮になってきたので、きちんと明示しておきます。

掲載記事について

記事を書くときは様々な点に注意して書くようにしています。
それでも誤りなどがある場合があるかと思いますので、その際はお問い合わせフォームやコメントからご指摘いただけると助かります。

また、掲載している写真はこちらで撮影したもの、メーカーやディストリビュータから提供いただいたもの、プレスリリース会社より提供いただいたもの、フリーで使用できるもの(主にクリエイティブコモンズライセンスのもの)を主に使っています。
写真についても「これはダメ」というものがもしありましたらご指摘いただけると助かります。

記事広告について

2019年12月現在、当サイトに「記事広告」と呼ばれる記事はありません。
この「記事広告」とは、記事を書くことによって”金銭の授受がある”ことを指します。
恐らく今後も記事広告はないと思います(というか、うちの方針だと無理・・・・)。
もしも記事広告を掲載する場合はタイトル欄に”【AD】”と記述し、記事内に発注元との関係性を記述することにします。
(クライアント側から指定があるケースもあるようですので(もらったことないから分からない・・・(苦笑))、その場合はクライアントの指定に則ります)

タイトルに「【PR】」表記があるものは「記事広告ではなく、プレスリリースより提供された情報」という意味です。

また、サンプル商品の提供や貸し出しが行われたものについてはタイトルまたは記事内に「サンプル提供いただきました。」「サンプルの貸し出しをいただきました。」など、商品を提供・貸出してもらったことが分かるような記述をしています。

サンプルの提供や貸し出しを受けた記事に対して、タイトルに「AD」などの記載を入れない理由としては、

・商品は提供頂いただけで内容に関してはこちらに委ねられている
 つまり、記載内容に関する指示は一切受け付けていませんし、「商品提供したから良く書いてよね」というのも受け付けていません
 また「書く」「書かない」についてもこちらに委ねられていますので、私たちが書く意味がないと思った商品(メーカーさんすみません・・・)については提供頂いたものであっても書きませんし、その旨メーカーさんにはご理解いただいた上でご提供いただいております。
 逆に記載内容の指示(機能に関する記載の指示や「この機能については書いて」という指示については、その機能が読み手にとって有用な情報である場合はこちらで判断した上で書くこともあります)を受けたものについては引き受けない方針です。

・事実の誤認以外の訂正は行わない
 例えば、使ってる材質が違う、とか、明らかに事実と異なっている点以外の訂正は受け付けていません
 記事についても公開した直後のチェックはお願いしますが、公開前のチェックが必要な場合はよほどの事情がない限りは記事にしません

・そもそもサンプル提供頂くことが少ない・・・
 「文具ラボ カルネ」の場合、メーカーさんとの付き合いが非常に少ないので、そもそもサンプルをご提供、貸し出しいただく機会が少ないです。
 ただ、それだとどうしても限界が出て来ているので、ここ2年ほどは当方のスタンスをご理解いただいた上でサンプルのご提供をお願いしている状況です。

当方のスタンスとしては、サンプル提供いただいた/サンプル貸し出しをいただいた、ということについて「それ以上の意味を持たせないようにしている」、つまり
「もらったからよい記事を書くわけではない」
「もらったからその商品が売れるような記事を書くわけではない」
「そもそも、もらったから絶対に記事を書くわけではない」
「買ったものと一切変わらないスタンスで書かせていただいている」
という、メーカー側から見ると非常にワガママなスタンスでやらせていただいております。

アフィリエイト/ADSENSEについて

本サイトではいくつかのアフィリエイトサービスを利用して、アフィリエイトリンクを貼っています。
Amazonアソシエイト / 楽天アフィリエイト / Linkshare / ValueCommerce / TG Affiliate / Googleアドセンス / PHGアフィリエイト(Apple/iTunes)
これらのリンクを通じて購入頂いた商品について、当方は一切の責任を負いかねます。
また、当方が販売している商品ではありませんので、商品や販売に関するお問い合わせはリンク先または販売元でお願い致します。

またアフィリエイト広告を掲載している記事に対する何らかの掲示は行いません。そうなるともうキリがないので・・・
アフィリエイトリンクについては極力それが分かるように「枠でくくる」「提供元の明示(これは基本的にアフィリエイトプロバイダで指示されているケースが多い)」などを行うようにしています。

Google Adsenseについても同様でそれぞれの記事に特別何らかの明示を行うことは致しません。

展示会などの参加に関する記事について

ここまで書かないといけないのかなあ・・・と思いながら書きます。

展示会への参加については、この文章を執筆している時点まで全て「自腹です」。
九州に住んでいる我々の場合、東京で行われる展示会に参加するためには「飛行機代」「ホテル代」などが必要で、これらは全て「自腹」で参加しています。
「プレス」で参加したものについても全て交通費や宿泊費は「自腹」です。

「文具女子博」など「プレス招待日」というものがある場合、「入場料が不要」というケースもありますが、ごく稀です。
(2019年12月時点、入場料が必要なイベントで「プレス招待」という形で入場料が不要だったイベントは2018年12月/2019年12月の「文具女子博」のみです。そんな文具女子博に対して「2020年以降、東京で行われる文具女子博には参加しません」と言い切ってしまう辺りに当サイトのスタンスを感じていただければ・・・)

できるだけ読み手にとって読みやすく分かりやすく、親しみやすく、かつ誠実に、という当サイトのスタンスを崩さないように、と考えた結果、こちらに記載することにしました。
また、このスタンスをご理解いただいた上でメーカーさんにはサンプルの貸し出しやご提供いただければ幸いです。

By.1号さん