どうも2号さんです。
先日東京に行ったのですが、目的の一つはホビーショーでした。
初めて行ったのでよくわからないままうろうろした感じでしたが、写真もたくさん撮れたし参考になるものも見つかったので行ってよかったです。

物販もあり、こちらもわけがわからないままいくつか買ってみたのですが、後で詳しい方に聞くと思いの外いいものを手に入れていたようです。なんだか得した気分です。
そろそろ何か作らないと怒られそうだなぁと思い、前に作りかけてて放置していたものをとりあえず完成させることにしました。前は個人のブログにちょこちょこUPしていたのですが、そちらが完全放置状態なのでどうしようかなーと思っています。


ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、本題です。ファーバーカステル255周年!長いですねー。日本だと創業200年以上の会社がちょこちょこありますが、海外ではなかなか貴重という話をどこかで聞いたことがあります。
(この記事を書くときにちょっと調べましたが、日本で一番の長寿企業は創業1400年越えでした。578年創業。。。大化の改新より前!)

そんなファーバーカステルの255周年を記念して万年筆が発売されています。
…という情報を見つけたのですが、日本の公式サイトがしばらく更新されていないようで見つけられませんでした。(ニュースのページは去年あたりで更新が止まっています)
Faber-Castell Japan
Facebookは更新されているので、最新情報はこちらを見たほうが確かなのかな?と思って探してみたのですが、こちらにも見当たらず。。(見落としていたらごめんなさい)
Facebook:Faber-Castell Japan

さらに調べるとファーバーカステルサイトらしきものがもう一つ見つかりました。どうも伯爵コレクションのサイトのようですが。。
Graf von Faber-Castell

今回の255周年記念モデルは伯爵コレクションなので、こちらのサイトに載っていました。いやーややこしい。
限定モデル「ヘリテージコレクション オッテリー万年筆」「ヘリテージコレクション アレグザンダー 万年筆」についてはこちらをごらんください。
ヘリテージコレクション – リミテッドエディション – 筆記具 – Graf von Faber-Castell
伯爵コレクションのFacebookにも載っていました。ちゃんと分けてあったんですね。

趣味の文具箱でも見開きで特集記事が組まれていたようです(趣味の文具箱、まだ読んでいませんでした)

1本20万円です。もちろん買いませんが、どんな感じかとても興味があるので売り場で見つけたらじっくり見てきます。

ファーバーカステルの万年筆はデザインが好きなのでお店で見かけると「いいなぁ」とは思うのですが、なかなか縁がありません。(色鉛筆は持ってるんだけどなぁ。。。)価格が合わないというのももちろんあるのですが、海外の万年筆はEFでも太い!ということに気づいてからは国産万年筆に目がいくようになったのが一番の原因だと思います。

あとこれ以上万年筆を増やしても使ってあげられない。。。

お値段を考えると鉄ペンなら1本くらい持ってても。。とも思わなくはないのですが。その前に書く機会を増やさないと宝の持ち腐れになりそうです。

(Visited 165 times, 1 visits today)