どうも2号さんです。
この記事を書いている日は寒波ががんばりすぎててすごく寒いです。
なきたい。

少し前、消せるボールペンについてTogetterでまとめられているのをみました。
消せるボールペンを採用試験の書類に使うと選考から落とされる場合がある!?その理由 – Togetterまとめ

履歴書でフリクション等の「消せるボールペン」を使っちゃダメ!というのは(常識と言える程度には)浸透していると思っていたですが、まだ意外と使っちゃう人がいるらしいというお話です。散々話題になったし、フリクションも有名になったのでさすがにもう少なくなっただろうと思っていたのですが、甘かったようです。

ざっと読みましたが、書かれてることはこんなかんじでした。

説明文を読まない

ボールペン本体や商品ページには一応注意書きがありますが、基本読まないですよね。。


文字が小さすぎるという人もいますが、これ以上大きくするのもどうかと思いますし。。

これはもう一般常識レベルまで認知を上げるしかないような気もします。
昔はボールペン=消えないだったので、そんなこと考えなくても良かったのですが、いまはフリクション以外にも消せるボールペンがありますからねー。
少なくとも「消えたら困る」場面でボールペンを使う場合は気をつけましょうとしか言いようがないです。

そもそも何が悪いのかわからない

まとめを見て一番怖いなぁと思ったのがフリクションで履歴書を書いている友達を必死で止めたけど本人は終始ポカン顔だったというやつ。誇張や創作の部分がないとは言えませんが、もし本当だったら注意された理由を理解していないってことですよね。こわいなぁ。使ったボールペンがたまたま消せるボールペンだった(気付かず使ってしまった)ならまだ仕方ないと思うのですが、わかってて使ったけどダメな理由がわからないというのが一番怖いです。

 


正確には消えるわけではない

ここまで消せる消せると書いていますが、正確にいうと消えるわけではありません。見えなくなるだけです。(まとめでも知らない人がいたみたいなので一応)

60度以上になると見えなくなります。この60度というのが意外と身近にあるものです。真夏の金属製のポストの中や車のダッシュボードもだめです。(車にペンを置きっぱなしにして書けなくなった人を知っています)
逆に-20度になると復活します。北国の冬だとありそうですが、西日本にしか住んだことがないのでいまいちピンと来ません。家庭用の冷凍庫だと-20度まではいかないとおもいますが、読める程度には復活するようです。
消えてしまって困った場合は一度冷凍庫に突っ込んでみてください。何回も書き直していたらOUTかもしれませんが、もしかしたら読めるかもしれません。

重要な書類は消せるものは使わない

結論として「重要な書類は消せるものは使わない」これだけです。
私は基本フリクションを使わないので失敗談と言えるほどのものはないのですが、失敗談を書いてらっしゃる方を見つけました。
消えるボールペン フリクションで書いた字が消えた失敗談…。冷やせば復活するけど注意が必要!≡ | げんきざっくざく
読んでみればどれもありそうです。特にスケジュール帳の裏側の文字が消えるのはきっと想定外だったと思います。手帳で使っている方、多いと思うので気をつけてくださいね。

で、問題なのは消せるボールペン。いままではフリクションだけ注意しておけば良かったのですが、三菱からR:Eという消せるボールペンが少し前に発売されています。

無印良品では「こすって消せるボールペン」という名前で売られています。
こすって消せるボールペン | 無印良品ネットストア

いまのところ、手に入りやすいものはこのくらいだとおもいますが、フリクションの人気がすごいのでほかのメーカーも追従する可能性があります。自分が買ってなくても家族が買ってきて知らずに使ってしまうことも出てくると思います。重要な書類を書く場合は筆記具にもちょっと注意を払うようにしてくださいね。

(Visited 314 times, 1 visits today)