当サイトはアフィリエイト広告を掲載しております/詳細はクリックにて

プラチナ万年筆、富士旬景シリーズ「春暁」

どうも。2号さんです。
イチゴを大量にいただいたのでイチゴジャムをつくりました。
家の中が甘い匂いでえらいことになりました。
機密性の高い家も考えものですね。(冬はいいんですけど。。)

プラチナ万年筆から新シリーズです。
「富士五湖シリーズ」の次は「富士旬景シリーズ」
第一弾は「春暁」です。

春暁!春眠暁を覚えずです。春は眠いんです!!(本当の意味は違います)

ペン先は細軟、細字、中字、太字、極太
大型14 金ペン(14-26)にロジウムメッキ
価格は25000円(+税)
カートリッジ(ブルーブラック)、コンバーター、一筆箋付きです。

パッとみた時「ブルゴーニュ?!」と思いました。

プラチナ萬年筆 #3776 ブルゴーニュ 細字 PNB-10000#71-2

プラチナ萬年筆 #3776 ブルゴーニュ 細字 PNB-10000#71-2

6,456円(06/19 14:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

金属部分がゴールドとシルバーで違いますが。。
春暁の方がちょっと明るめだと思います。実物を見ると結構違うのかもしれません。
早春の夜明けに赤く染まった富士 | 文具ウェブマガジン pen-info

ベースのデザインは富士五湖シリーズの河口に近い気がします。

綺麗な赤だと思いますが、ちょっと派手?
#3776のシリーズは気に入っていて私も何本かもっているのですが、この価格差だとブルゴーニュだなぁ。。
春暁はペン先が「大型14 金ペン(14-26)にロジウムメッキ」となっていますが、ブルゴーニュだとロジウム仕様がないのでロジウム仕様で赤軸が欲しい人にはいいかもしれませんね。

富士五湖シリーズの一番最初である本栖が15000円(+税)だったことを考えると高くなりましたよね〜。こだわって作っているみたいなので値段が上がるのは仕方ないのかもしれませんが、揃えたいと思っている人は大変だなぁ。。

発売は7月1日です。限定生産ですが、3776本とかなり多いのですぐに売り切れることはないと思いますが、確実に欲しい方は予約してください。

それにしても。。
この富士旬景シリーズ、どう続くんでしょうね?
春暁で検索したら孟浩然の漢詩が出てきましたが。。
孟浩然 – Wikipedia
次の名前と軸の色はちょっと気になります。(来年かなぁ。。)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事を書いたのは...

1号さんの奥さん
建築畑出身、かなりの理系、Webデザイナー、フォトグラファー
好奇心旺盛だけど慎重なので手はなかなか出さない
1号さんの影響で多趣味に。作ることが好きなのは1号さんと変わらず

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次