実は買ってました、というのをいくつか挙げていかないとなーと思ってます、1号さんです。
レビューしてないものが結構あるのに気付いたのでボチボチとアップしていきます。
まずはこれから。クリムゾンサンライズ、です。

パイロットの「キャップレス」といえば、世界初の「キャップがないノック式万年筆」です。
歴史は意外と古く、1963年に最初のモデルがリリースされています。

一般モデルはこんな感じです。「デシモ」と付いているのがいわゆる通常モデルです。

ちなみに2号さんが持ってるのはこちら。「キャップレス」のマットブラックです。

2号さんにマットブラックをプレゼントして、「あー書きやすそうだなー」と思ってました(笑)。

2,017本限定、2017年限定モデル「クリムゾンサンライズ」

そんな「キャップレス」が昨年、2017年に世界で2,017本限定でリリースしたのが「クリムゾンサンライズ」です。
10月のリリース直後に京都の百貨店で見付けて、そのまま買ってしまいました。クリスマスプレゼントでした(苦笑)。

箱がまあ高級感あって・・・これも万年筆の醍醐味というか、箱好きです。

外箱大事。あと、写真すみません、あんまりよくありませんね。

万年筆本体の登場です。

何とも鮮やかな赤からオレンジへのグラデーション。店頭で見て一目惚れしました。
ペン先出すとこんな感じです。


書き味はさすがキャップレス、という感じで。
スルスルサラサラ書けます。

既にこのモデルはどこも売ってないのではないかな、と思いますが、通常版のキャップレスでも書き味はほぼ変わらないと思いますので、もしキャップレスに興味を持たれた方、普段遣いの手軽に使える万年筆が欲しい方は是非1本検討してみてはいかがでしょうか?
あーもしかするとそろそろ2018年の新色が出るのかな・・・

万年筆でも使いやすい、4月始まりの手帳です。

(Visited 1,240 times, 1 visits today)