いやいや、まさか全く記事を書いてないとは思いませんでした・・・すみませんすみません、1号さんです。
というわけで、今更ながら「bLen」のレビューを書きます。こちらもサンプル提供いただきました。
というか、先行発売で既に購入していたんです、はい・・・・

これ、確か、昨年11月に開催された「ごほうびフェスタ」で購入していました。

長崎で最大の文具イベント!「ごほうびフェスタ in NAGASAKI」に行ってきた!

今回、サンプルをご提供いただきましたので改めて、というか、初めて記事にします・・・すみません、ゼブラさん。

なので、まずは「bLen」ってどういうボールペン?

というわけで、まずは「bLen」について少し。
今回、完全な新ブランドになります。

「bLen」は「ブレん」・・・・つまり「ブレない」というのが語源です。
従来のボールペンではどうしても発生してしまう「筆記中のブレ」に着目。
この「ブレ」をなくすことで、筆記時のストレスを軽減しよう、というのがこの「bLen」です。

そして、デザインにもこだわりが

今回、この「bLen」のデザインを手掛けたのは、デザインオフィスnendの佐藤オオキさん。
とてもシームレスかつシンプルなデザインになっています。
文具業界だけではなく、デザイン業界やファッション業界からも注目されているボールペンです。

ロゴもさりげなく。
どうしても従来のボールペンだとロゴを目立たせる傾向にあるのですが、デザイン的に控えめなんだけど、主張がある、とてもよいバランスのロゴになっています。

ペン先を出した場合と出してない場合。

筆記できる状態にすると、お尻の部分が少し狭くなります。

機構を考えると当たり前なのですが、こういう部分にもデザインを入れてくる点は新しいと思います。

書き心地、果たして本当にブレないのか? -> ブレません

「bLen」、インクはエマルジョンインクなのですが、筆記ブレがないとここまで書き味が変わるの?!というレベルで書き味が違います。
例えば、先日紹介した「デルガード+2C」のインクもエマルジョンなのですが、これと単純に比較しても書きやすさが段違いです。

これは本当に新しい。
ストレスが大幅に減ります。

正直、ジェットストリームよりも書き心地がいいかもしれません。

それでいて、価格は150円(税別)。安い!

ボディの色は上記写真の通りです。
インクは「黒 / 赤 / 青」の3色。

ボール径 0.5mm





ボール径 0.7mm





安いけど質がいいボールペンの筆頭かも知れませんね。
手元に1本、一度は使って欲しいボールペンです。