どうも。2号さんです。
最近、日中は作業しつつ、YouTubeを流すことが増えました。
誰かが話しているのが好きなのですが、じっと見ているわけではないので適度にしゃべってて比較的長めの配信を見ています。
昔はこの枠がラジオだったと思うのですが、ラジオはほぼ聞かなくなってしまいました。
選び放題でパソコンやスマホで簡単に見たり聞いたりできますからね…。つよい。

今日はインク工房限定のふでdeまんねんです。
そもそもインク工房でふでdeまんねんを限定発売していることすら知らなかったのですが、福島のペントノートさんと話していたら教えてくださいまして…(ありがとうございます)
勢いで買ってしまいました。

値札には「プロフィット フデDEマンネン ホタル」と書かれてあります。
…ホタル??
価格は2000円(+税)です。
通常のプロフィットふでdeまんねんよりも少しお高めになっています。

ニブのデザインもかわいいです。通常版も同じデザインですが、色が金色でした。

ペン先の角度、どちらだったか聞くのを忘れていたのですが、ベースがプロフィットですし、1号さんがもっているロフト限定ふでdeまんねんと角度が違ったので55度だと思います。ペン先までスケルトン!

1号さんのと並べて撮影してみました。長さがぜんぜん違う…

ふでdeまんねんはインクの減りが早いので、ピンクの方はカートリッジの予備が1本入るようになっていました。だから長いのね…。

こちらに入れるインクはもう決まっています。つい数日前に紹介したペントノートさんのつれづれの色!

Pentonoteオリジナルインク つれづれの色

太めの万年筆のほうが楽しめるインクと聞いているのでぴったりだと思います。

早速使ってみました!

…書くの難しっ!!
かなり癖があります。文字潰れちゃった…。
私が普段書いてる角度で普通に書くと太すぎて文字が完全に潰れました。
裏書きに対応しているわけではないと思うのですが、裏書きすると普通に書けました。(ものすごく細くなります)
かなりペンを立てて書くと太さもそれなりに調整できましたがまーむずかしい。。これは慣れないと最初は使いにくいかもしれません。極細で使いたいときに裏書きはありかな…?(書きやすいかどうかは置いておいて…)

インクも表情がでて楽しいのでお遊びインクを入れるのにはちょうどいいかもしれません。今入れているのがなくなったら次は別のインクで試してみよう。(つれづれの色は日常使いの万年筆にあらためて吸わせる予定です)

日常使いにはちょっと厳しいと思いますが、お遊びと考えればすごく楽しい万年筆でした。
ロゴもはいっていません!
透明軸なので中のインクもよく見えてキレイです。
インク工房限定販売ですので、行かれた際はぜひお買い求めください。

通常の「ふでDEまんねん」はこちら。