お久しぶりです。2号さんです。
ちょっと実家に帰っておりました。
実家だとバタバタしていて記事の更新ができないことはわかっていたのですが、書きだめもできていなかったのでお久しぶりになってしまいました。
…といっても毎日書くことがあるわけでもないのでマイペースに続けていこうと思います。

今日紹介するのはアナログ絵描きさんに喜ばれそうな商品です。


タチカワのピュアホワイトです。

私は絵のことはよくわからないのですが、漫画を書く時にホワイトをいれるのに便利なペンっぽいです。
つけペンは見たことがあるのですが、こちらはボールペンのようになっていました。手軽で良さそうですね。

黒い紙に実際に書かれたものも上がっていました。

黒の紙というか、黒インクで塗られた紙でしたね。これを見た感じだとそこそこの隠蔽力があると思います。
文字を消すには修正テープのほうが使いやすいとは思いますが、ちょっと間違えただけなら文字全部をけさなくてもいいのでこういう細かく消せるタイプの方が使いやすいかもしれません。1本200円なら試しやすい価格だと思います。

よく見たら紙以外にも書けるんですね。布、プラ、写真…結構幅が広いですね。
本来の用途以外の使い方は文房具ではありがちですが、こちらもメーカーが思いつかない使い方をする人が出てくると楽しいなと思います。

こういうニッチっぽいやつ、ついつい買いたくなってしまうのですよねーそんなに使わないのはわかっているのに。手帳とかでちょっとまちがえた!とか、文字の色をまちがえた(書き出しで気付いた)!とかには使えそうですが、用途が限定的すぎる…

なにかおもしろい使い方を思いついたら買って試してみたいのですが、こんな使い方あるよ~というのがあれば教えていただけると助かります。
こういうアナログでニッチだけど楽しい文房具はこれからもいろいろ出てほしいので、少しでも興味がある方はぜひ。