どうも。2号さんです。
以前紹介したプレジールの新色、もう出てるっぽいですね。

プラチナ万年筆 プレジール カラー・オブ・ザ・イヤー2020『ティール・グリーン』


これ。実物はまだ見ていませんが結構いいいろですよね。最近使っている軸が黒か白か青緑なので気にはなりますがプレジールか…。鉄ペン。迷うところです。


今日紹介するのは黒い原稿用紙です。

ペンハウスさんがTwitterで「知る人ぞ知る」と紹介されていました。


これだけだったらそこまで気にならなかったのですが、どうもフラッシュ系のインクとも相性がいいそうです。

インクはこちら。シーンマシーン2です。

他にもフラッシュするインクはいろいろあるのでお持ちの方は試してみるといいかもしれません。残念ながら2号さんはあんまり持っていません。(キラキラするのはちょっと苦手なのです)

原稿用紙のデザインはごく普通なのですが、紙が黒くて罫線が白いだけでなぜかっこよく見えるのか。不思議なものです。
クリエーター系のイベントでも使われているそうです。ちょっと納得。

お値段高めですし、使えるインクも限られるので普段用にはならないと思いますが、イベントなど人前に出すものに使うとかっこいいと思います。お手持ちのペンを片っ端から使ってみて発色を確認してみてください。これはだめだろうと思ったペンが意外と使えるかもしれません。

気になった方はぜひ。