どうも。2号さんです。
最近ずっと英字キーボードを使っていてそれなりに気に入っていましたが、Fnキーが独立していないのが不便すぎたのでもとに戻しました。
キータッチやサイズは前のほうが気に入っているのでちょっと微妙ですが、まあ慣れかなと思います。なんかスカスカする。
一番の問題は日本語切り替えキーが変わったことでめちゃくちゃ誤爆することです。困った。

今日は「へー」という話。
クラウドファンディングは知っている人が多いと思いますが、とうとう?万年筆のクラウドファンディングを見つけました。
Makuake|天然素材×手作り。 自然と歴史が生みだす「世界に一つ」の限定コラボ万年筆。

万年筆の軸はオリジナルで作っている人がそこそこいますが、ペン先は職人技なのでやっぱり難しいみたいですね。ペン先のみでも販売しているところはいくつかあるようですが、こちらはシュミットのものを使っているようです。
あまり詳しくは知らないのですが、ペンハウスさんの『文具好きの小部屋』で紹介されていました。鉄ペンなのに書き心地がよさそうです。
書き心地を楽しむ万年筆の世界 ~シュミットペン先のすすめ~ | 逸品の小部屋
ペン先までオリジナルだと技術的な面でどうかなぁと思いましたが、評判の良いペン先を使っているみたいなのでちょっと安心しました。

個人的に中国製万年筆に良い思い出がないので買おうとは思いませんでしたが、木製でかっこいいですし、思ったよりもお値段控えめなので自己責任で買うのはありかもしれないなと思いました。中国のメーカーさんで並行輸入品(保証対象外)なので不具合があったとき困りそうなのがちょっと心配です。不具合があっても自分で直せる方向けかな?

今回紹介したのはたまたまクラウドファンディングでしたが、ペン先さえ入手することができればオリジナル万年筆を作ることができる個人・メーカーさんがこれから増えてもおかしくないなと思いました。すでにいくつかありますけどね。

ここ数年限定商品がいろいろ出ていますが、そろそろ飽きてきた人もいると思います。次はオリジナルなのかなぁ…?