どうも。2号さんです。
昔、父親が海外のサッカーの試合をリアタイで見るために昼寝して睡眠調整したり夜更かしをしていました。当時は意味が分からなかったのですが、今ならわかります。リアタイしたいよねぇ!!(サッカーはみませんが…)
特に今はSNSが普及しているので見たくなくても結果を知ってしまうことが多いのでリアタイの重要性が上がっている気がします。

今日紹介するのはセーラーショップ初のオリジナル万年筆です。え?初なの…?という感じです。
しかもレクル×ふでDEまんねんです。超意外。

ふでDEまんねんはセーラー独自のペン先なので、EFとかFとか普通のものを出してくるよりも個性があってよいと思います。実はふでDEまんねんって角度が2種類ありますが、こちらはペン先角度55度だそうです。お値段も3500円(+税)とお求め安くていいと思いました。これなら買ってみようと思った方も多いと思います。

ふでDEまんねんを使ったことがない方にちょっとだけ注意なのですが、結構癖のあるペン先です。筆記角度によって太さが変わります。おもしろい万年筆だとは思いますが、書きやすいかといわれるとかなり人を選ぶと思います。1本目にはおすすめしにくいので、すでに定番万年筆をお持ちの方、ちょっと変わった万年筆が欲しい方、ふでDEまんねんのペン先に興味があるけど定番軸はちょっと…と思っていた方におすすめです。

手に入れたい方はとりあえずセーラー公式オンラインショップが確実のようです。送料3000円以上で無料なので宵闇1本でも送料がかかりません。

ふでDEまんねんの書き心地を試してみたい方はとりあえず通常版を買ってみるのもありだと思います。公式オンラインショップによると若竹とプロフィットタイプがペン先角度55度なので宵闇と同じ角度になります。紺色は40度なので注意してください。

初のオリジナル万年筆としてはおもしろいものをだしてきたなぁと思いました。
お値段もお求めやすいですし、気になる方はぜひお買い求めください。