完全に見逃していた!

低価格万年筆の代表的存在(だと勝手に思っている)プレピーに極細タイプ(0.2)が発売されました。定価300円(税抜)です。細字(0.3)と中字(0.5)が200円なので、100円高くなっています。手帳用に購入している方もいるそうで、なかなか評判が高いようです。
[bm url=”http://www.platinum-pen.co.jp/fountain_preppy.html#PPQ-300″ description=””]プラチナ万年筆/プレピー[/bm]

1000円以下の万年筆はあまり使ったことはないのですが、プレピーはその中でも割と評判の良い商品だと思います。ただ、値段なりのところもあるのでめっちゃおすすめ!!というわけでもないのですが、この価格だと何本か買っていろんなインクを試すことができるので色を楽しみたい人にはいいんじゃないかと思っていました。特にこの万年筆はインクが乾きにくいスリップシール機構を搭載しているので、あまり使わない色を入れておくのにぴったりかも。ただ、万年筆本体よりもコンバーターのほうが高いという現象がおきます。本末転倒。。。

コンバーター高いよ(泣
それでも合わせて1000円以下なのでコストパフォーマンスは高いと思います。細字好きなので1本買ってみるかな~。買うならブルーブラック!

機能、細さはとてもよさそうなのですが、デザインがね。なんとかならないかな?前のデザインもそこまで好きじゃないけど、今回のもイマイチ好みではありません。高級感とかなくていいんです。ロゴなし(もしくはめっちゃ控えめ)、透明軸ならもっと売れそうな気がするんだけど。それならいろんな色入れるために複数本買うよ、たぶん。


補足ですが、蓋が割れやすいらしいので、セロハンテープ等で補強したほうがいいそうです。

(Visited 479 times, 1 visits today)