さて、またまた1号さんです。最近出番が多いのは年末の追い込み、というわけではありません。
持っている万年筆を私自身の覚え書きとして記録していこうかな、と思ってまして。
さて、今回は「ペリカン スーベレーン M400」です。

初めて買った金ペンの万年筆

ちょうど「万年筆っていいよね」と2号さんと話をしていて、1本ずつ買ってみようか、ということで買ったのがこれ。
どうせ買うなら金ペンがいいよね、と言いつつ、オーソドックスなものが欲しかったので、あちこち探してかなり安くなっていたこれを購入。

IMG_0913_s

それからお気に入りの1本です。

「ペリカン スーベレーン」は万年筆の中でも代表作の1つ

万年筆といえば「モンブラン」ですが、「ペリカン」も「モンブラン」に並ぶ、世界に誇る万年筆メーカーです。
そんなペリカンの代表作がこの「スーベレーン」シリーズ。

スーベレーンでもいくつかの種類があり、ペン軸の長さが異なります。
多くの人が長さだけの違い、と思っているかもしれませんが、実はペン先の腰が違ったりします。
M1000がいちばん柔らかく、次はM300、M300よりも硬いM800/M600/M400は同じくらいです。

そして、軸の重さも違います。

なので、一度にたくさん書く用途の場合、とか、ペンの握りが硬い人の場合、とか、人や用途によって選ぶべき種類が異なり、その多くをフォローしているのがスーベレーンシリーズ、と言えるかもしれません。

それがやはり「万年筆の代表作の1つ」と言われる由縁でしょうか。

これからも大事にしたい万年筆の一つ

非常に思い出深い、というか、最初に二人で買った万年筆なので、これからも大事にしていきます。
いや、これ、好きなんですよね、高級感もあって。

IMG_0915_s

(Visited 534 times, 1 visits today)