どうも。2号さんです。
最近お昼もちょっと寒いのですが、一人しかいないのに暖房をつける気にはならず、どてらを着てすごしています。
宅配便のお兄さんがくるとちょっと恥ずかしいのでその時だけどてら脱ぎます。どてら最強!

今日はおもしろい紙の紹介です。
万年筆に適した特殊紙の詰め合わせ「万年筆紙(まんねんひっしゃ)」です。

紙 紙製品|平出紙業株式会社(群馬県の紙総合流通企業)

サイズは150×150mm
キラキラ、凸凹、などなど質感の違う紙が10種類×2枚はいっています。
1枚はなぞってかけるタイプのようです。

入っている紙の詳細はTwitterのモーメントでまとめられていますのでそちらをご覧ください。紙の特徴もかかれているので参考にしてください。
#万年筆紙ゃ 1月発売✒

文房具屋さんなどではなかなか出会えない紙だと思いますし、万年筆に適している紙ってなかなか自分ではわからないのでありがたいですよね。先程のモーメントを見ていると普通は万年筆ではなかなか使わないような紙が選ばれていると思います。万年筆には適してなさそうな紙も選ばれているので正直びっくりしました。

価格は1488円(税込)+送料になります。送料は地域によって違うかもしれませんが、長崎でも200円でした。紙なので薄くて軽いですし、離島でなければそれほど高くないと思います。

ちょっとお高めかなぁと思います。紙が特殊なのでそういう意味では妥当な価格なのだとは思いますが、気楽に使える価格じゃない…。
試みとしてはおもしろいんですよねー。この紙、万年筆でも使えるんだ!っていう発見もありますし。安かったらいいってものでもありませんし、難しいですよね。

お試しでこのセットを買ってみて、気に入った紙が見つかったら個別で購入するという形が一番いいのかもしれません。
予約販売はすでに開始されているので、気になった方はぜひ。