どうも。2号さんです。
パソコンのスピーカーの接触がいよいよ悪くなってきました。時々片方聞こえません。
買い替えようかなと思っていたのでいくつか調べたのですが、机が小さすぎておく場所がありません。困った。

今日は万年筆のメンテナンスキットの紹介です。
以前紹介したセーラー万年筆のメンテナンスキットがリニューアルしたのかな?3種類出るそうです。

万年筆サポートキット


これは以前から発売されているメンテナンスキットと似ていますね。

セーラー万年筆 万年筆 メンテナンスキット 14-1000-000

セーラー万年筆 万年筆 メンテナンスキット 14-1000-000

1,100円(11/30 06:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

前のキットからクリーニングクロスを外してからカートリッジ筒が一つついた形になると思います。ペン先洗浄ノズルが便利なのと空のカートリッジ+注射器でコンバーターのような使い方ができるので前キットより便利なんじゃないかと思います。クロスは眼鏡ふきとかで代用できそうですし。(眼鏡ユーザーなのでいっぱい持ってる)
もち運びにも便利!と書いてありますが、メンテナンスキットを持ち歩く人はそんなにいないと思いました。

万年筆用カートリッジケース


これは少し前に出た四季織カートリッジインクのケースを透明にした感じですね。


インクの予備を持ち歩く人には良さそうです。四季織カートリッジインクを買った人はいらないかもしれません。ただ四季織は白でこちらは透明なので透明のケースが欲しいならアリだと思います。

空カートリッジ筒


繰り返し使えるとのことなので、インクの入れ替えがちょっとめんどうなコンバーターと考えてよさそうです。こちらの良いところはインクの容量がコンバーターよりも多いこと、コンバーターが使えない万年筆でも使えることです。価格もお安い!デメリットはインクの入れ替えが少し面倒なことですが、メンテナンスキットや市販の注射器(100円均一などでも売っています)を使えば簡単ですのでデメリットというほどではないかもしれません。


以上の3種類でした。
価格は
万年筆サポートキット 1000円(+税)
万年筆用カートリッジケース 200円(+税)
空カートリッジ筒 6本入り 350円(+税)
です。

以前のメンテナンスキットをお持ちの方はわざわざ買いなおす必要はないと思います。セーラー万年筆を数本お持ちの方は空のカートリッジを一つ買っておくと便利かもしれません。ケースは白で問題なければ四季織だとインクも付いて350円(+税)なので好きな色の四季織インクを買った方がいいかなと思いました。