どうも。2号さんです。
夏休み、終わってしまいました。
ほとんど家にいましたが、好きな配信を見たりオンライン飲み会したりプラモデルをちょっとすすめたりと楽しい毎日でした。
まだまだ夏は終わらない。

今日はほぼ日手帳の紹介です。
紹介といっても予告ですが、毎日何かしら更新されていました。すでに半分くらい経過しております。

記事の内容はわかりませんが、タイトルはすでに分かっているので気になるところを見ていきたいと思います。

いままでにほぼ日手帳を使ったことがある方は一番気になるのが変更点とカバーだと思います。
2021年版の変更点 – ほぼ日手帳2021予告カレンダー_基本 – ほぼ日手帳マガジン – ほぼ日手帳 2021
カバー持っていたら買い替える必要はありませんが、定番以外のカバーは翌年以降手に入らないことが多いのでどうしても気になるカバーがあれば買っておいた方がいいかもしれません。定番でも細かい改良がされていたり革の質感がかわるので買っておくといいかもしれません。

本体の種類は昨年から変わっていないようですが、しばらく使っていなかった人は月間+ノートタイプのday-freeは初見かもしれませんので購入前に一応見ておいた方がいいかもしれません。

ほぼ日手帳のおまけ

公式サイト(ほぼ日ストア)とTOBICHI、ほぼ日カルチャんで購入するとおまけがつきます。
JETSTREAMは毎年つきます。ほぼ日のロゴ入りで結構人気だと聞いていますが、ジェットストリームは長期保存には向かないボールペンだと思うので手帳をずっと残しておきたい方は注意しておいてください。
それ以外に今年はふでペンが付くそうです。
ほぼ日手帳2021予告カレンダー ほぼ日のふでペン – ほぼ日手帳マガジン – ほぼ日手帳 2021
ベースはぺんてるの筆touchサインペンかな?

ぺんてる 筆タッチ サインペン SES15C-6STB 6色セットB

ぺんてる 筆タッチ サインペン SES15C-6STB 6色セットB

809円(09/25 14:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

ちょっとややこしいのはこの特典、購入する本体によってつくものが変わります。
ふでペン→オリジナル本体、カズン本体、avec(前期+後期)本体、Planner本体、ほぼ日5年手帳本体につきます。day-free本体、weeksにはつかないので注意してください。
ジェットストリームはday-free本体、weeksにもつきます。
カバーのみ購入でもつきません。
対象店舗以外(例えばロフトなど)で購入しても特典はつきません。

細かいことは店員さんに聞くか(オンライン購入の方は)先ほどのリンク先を読んでみてください。先着なのでなくなったら終了です。

イベントあります


時期が時期ですのでおすすめしにくいのですが、渋谷PARCO8階にて新作発表会が行われます。8月25日から31日までお披露目イベント、9月1日から13日はお買い物会場になります。
8月中だけですがこの会場限定のお土産があるのでそれが欲しい方、公式ガイドブックがおまけ付きで販売されるのでそれが欲しい方(おまけの内容はお楽しみだそうです)、初代からこれまでに登場した手帳とおまけが展示されているのでそれを見たい方はぜひ会場へ。
(トークイベントはオンラインでも開催されるので会場に行かなくても一応聞くことはできます)
イベントの詳細はこちらをご覧ください。
ほぼ日手帳2021予告カレンダー イベントのお知らせ – 手帳予告2021_イベント – ほぼ日手帳マガジン – ほぼ日手帳 2021


去年、手帳を買うつもりがなさすぎてday-freeを完全に見逃していました。
この形式を買うと完全なノートになってしまってスケジュール部分を使わない感じになりそうだったので見てても買わなかった可能性が高いですが、このタイプはほかの手帳でもよく見かけるので需要はあると思います。特にスケジュールがそこまで多くなく、メモをよく使う方には合うと思いました。お気に入りのカバーはあるけど1日1ページタイプが合わない方は一度使ってみるとよいかもしれません。

手帳の情報はまだ全部はでていませんが、これから少しずつでて毎日少しずつ情報をだすのはワクワク感がでてよいかもしれませんね。まとめてチェックしたい!という人は31日にほぼ全部公開されるのでその日にチェックするとよいと思います。特に人気のカバーは発売直後に売り切れる可能性があるので購入予定の方は早めにチェックしておいた方がよさそうです。

これから手帳がどんどん発売されるので楽しみですね。
ほぼ日手帳は本体だけなら売り切れることはないと思います。
カバーで気になるものが特になければ他の手帳が出そろってから決めても良いかなと思いました。
今年こそ合う手帳が見つかる…かな?