どうも。2号さんです。急に寒くなって体調を崩していませんか?2号さんは別の意味で体調を崩しておりました。だいぶ復活したので今週は無理せずぼちぼちいこうかなと思ってます。
…外は寒いんですよね…?うちの中暑いんですけど…???

少し前にセーラー万年筆で私も持っている「雪椿」が廃盤になるというお知らせをしましたが、かわりに別の軸「垂雪(しずりゆき)」が発売されることになったみたいです。

雪椿と同じく白ベースですが、赤ラメはなくなってしまいました。きれいなんですけどね。
2号さんは雪椿を持っているので廃盤になったのはさみしいですが、もう手に入らないものなのでちょっと自慢です。

名月も白(というかクリーム色)なのでちょっと見分けがつきにくいですが、比較画像を見ると結構違いました。

写真だと全然わかりませんが、拡大写真を見ると白いラメが入っているみたいですね。これは上品なきれいさかもしれませんが、写真では伝わりにくいところだと思います。発売は始まっているので気になる方は店頭に行くと実物が見られるかもしれません。

ところで雪月空葉ってなんだろう…?と一瞬思いましたが、そういえば四季織って何個かシリーズがありましたね。おとぎばなしとか。このシリーズは雪月空葉っていうんですね。知らなかった…。

このシリーズの万年筆は金ペンですが、1万円~2万円とはじめての金ペンにちょうどいい価格帯になっています。軸の色もきれいですし、ペン先が細字or中細で問題なければおすすめの万年筆です。

このシリーズは定番なので持っている方が多いかもしれませんが、垂雪(しずりゆき)はまだ持っている人が少ないと思います。限定ではないのでこれから増えそうですけどね。

雪椿を買った当時は中細しかなかったと記憶していますが、極細が追加されたんですね。定番なのでできれば細字と中字も追加されるといいなと思いますが、初心者向けに字幅を絞って価格を抑えているなら歓迎です。(価格のことはよくわからないですが、種類を増やせば単価が上がりそうなイメージがあります。実際はわかりません)

これから万年筆を始めてみたいという方にもおすすめできる万年筆ですので、気になった方はぜひ実物をチェックしてみてください。