元々、文房具というか、万年筆が好きで、昔から結構使ってきたのですが、若い頃ということもあり、安いものしか使ってませんでした。
こうやってパソコンを使うことが仕事なので、手書きの機会がどんどん減ってきて、だんだん万年筆を使う機会も減ってきたのですが、ここ数年、相方の影響もあり、万年筆熱が再燃しています。
あ、ども、1号さんです。

今回、結婚記念日ということもあり、貯めておいた小遣いで相方と1本ずつ万年筆を買うことにしました。

#3776の限定モデルではない、実直なフォルムが魅力のノーマルモデルを購入

相方が購入したのはこちら。
#3776 センチュリー・シャルトル・ブルーを手に入れた!

私は欲しいモデルがあったのですが、今回はちょっとペン先の細さに拘りたかったので、プラチナ万年筆の「#3776」通常モデルを購入。
2013-07-31-15.22.03-e1375252332746
一般的な万年筆の風貌です。面白みも何もありません。
ただ、この面白みがない風貌がこの万年筆の魅力でもあります。実直、という言葉がピッタリです。そして後述しますが、とても握りやすいです。

万年筆初心者にも中~上級者にもオススメできる#3776

この#3776という万年筆のすごいところは見た目よりも、性能や握り心地です。

万年筆と言えば、しばらく使ってないとインクが乾いてしまって使えなくなる、というのが当たり前です。
しかし、この#3776は約1年間、キャップさえきちんと閉めていれば、インクが固まることはほぼありません。
現に昨年買った「#3776 精進」というモデル、かなり長期間使ってなかったのですが、先日久しぶりに使ってみたところ、全く問題なく書くことが出来ました。別の万年筆は完全に書けません。

それに書き味が非常にいいのも特徴です。
今回購入したのは「超極細」なのでさすがに少しだけカリカリします(あまり気にならないレベルです)が、その前に買った精進は「細」。こちらは本当に滑らかで素晴らしい書き味です。
また、筆圧をうまく調整することで、多少ですが太さを変えることも難しくありません。

太さのバランスなど、手に合う人も多いのでは・・・

個人的にこの#3776シリーズで気に入ってるのが握った時の感触です。
もう少し具体的に書くと、軸の太さとキャップをペン尻に差し込んだ時の長さ、そしてバランスがとてもいいです。
この「バランス」という点ではセンチュリーも精進も絶妙で、これが書き味に大きく影響していることが分かります。

ペン先は14金。これもまたよいペン先で、ほどよいしなやかさがよい書き心地を味わわせてくれます。
使い込むうちに私のペン癖をうまく吸収してくれるでしょう。

こんな万年筆が定価で10,500円というのは本当に驚きです。

(Visited 786 times, 1 visits today)