毎年毎年、この時期になると悩むモノがいくつかあります。
その中の一つが「手帳」。来年の手帳をどうしようか、毎年とても悩みます。
今年は比較的簡単に決まりました。「ほぼ日手帳Weeks」です。

ここ数年は「ほぼ日手帳」シリーズを使っている

ここ数年はずっとほぼ日手帳シリーズを使っています。
というか、ほぼ日手帳の使用頻度はとても高く、ほぼ日手帳の発売以降、恐らくほぼ日手帳以外を使ったのは2年くらいじゃないでしょうか。

ほぼ日手帳が気に入っている理由ですが

カバーの多様性

毎年買う物、と考えた時に、カバーが毎年換えられる、というのは、何となく嬉しいですね。
かと言って、毎年カバーを買うのか?と言われると意外と買ってない気がします。
気に入れば、前の年に使っていたものを流用することも可能です。
その自由さが好きです。

紙質の高さ

最初から紙質には拘っていたと思いますが、その拘りが最初からずっと続いています。
とても書きやすく、にじみや裏写りも少なく、そのくせ、結構丈夫、という点がとても気に入っています。

罫線などがあまり主張していない

罫線などがほどよい濃さで、かといって全然見えないわけではなく、しっかりと見える、その絶妙な感じが好きです。

今年は「カズン」を使ったけど・・・

今年は「ほぼ日手帳カズン」を使いました。
理由は単純で、大きい手帳を使いたかった、というだけなのですが。
が、しかし、重過ぎて、結局ほとんど持ち歩かず、仕事場でメモや業務日報的に使っている状況。
これじゃちょっと・・・まあいいといえばいいんですが。

ノーマルな「ほぼ日手帳」もちょっと重い

ノーマル版もちょっと重く感じることがあるのです。
というか、MacBook Pro Retina 15’を持ち歩くので、その上に「ほぼ日手帳」を持ち歩く、というのはちょっと・・・
肩が壊れます・・・というか壊れました。

なので、来年は「ほぼ日手帳Weeks」

と、様々な事情?から、来年は「ほぼ日手帳Weeks」にしました。
私が買ったのはこちら。
IMG_0506
ドット、と思われるのは実はミッキーマウスのシルエットです。カバー生地はネクタイ生地でとても上品です。
ちなみに相方はこちら。
IMG_0507
こちらも同じくミッキーのドット柄です。こちらもネクタイ生地で上品です。

中はこんな感じ。

紙は他の手帳と同じく「トモエリバー」。裏抜けがほとんどない、薄くて丈夫な紙です。
これがやっぱり書きやすい。一度この感じに慣れてしまうと他の手帳がなかなか使えません。

しかも薄くて軽いので、これなら持ち歩けます。

もう少ししてからしか使えませんが、また1年間、がんばりましょう。



(Visited 150 times, 1 visits today)