リリースは少し前だったのですが、なかなか手に入らず、ようやく店頭で見つけたので即買いしました。
貼るだけでスケジュール帳になるという・・・「貼暦」(はるこよみ)
さて、どんなものなのでしょう。

貼るだけで普通のノートがスケジュール帳に!「貼暦」(はるこよみ)

いわゆる「マスキングテープ」の1種、と思っていただければ分かりやすいかな、と思います。
最近、いろんなマスキングテープがリリースされていますが、その中の「変わり種・実用的」な1つ、ですね。

ちなみに当サイトでも購入前にご紹介しています。

マステで暦?!日付の数字と曜日の漢字の2本セットのマスキングテープ「貼暦」 | 文具ラボ Carnet

1つのパッケージに2つのマステの謎

※icco nico様サイトより転載(許可済み)


この「貼暦」、縦型と横型の2種類あります。
そして、なぜか1つのパッケージに2つのマスキングテープが入っています。
これがこの「貼暦」の大きな特長の1つです。

1つには数字、もう1つには曜日
そして数字は”1″から始まって”31″まで、”31″の次は”1″からまたスタート
つまり数字は「日付」を表しているわけです。

※icco nico様サイトより転載(許可済み)


そう、毎月”1″日とその曜日を並べて貼ることでカレンダーになるのです。
そして、カレンダーとなったその横に何かを書き込める、ということは・・・・・スケジュール帳になる!

つまり、どんなノートや手帳でもこの「貼暦」があれば、スケジュール帳にすることができます。

※icco nico様サイトより転載(許可済み)

ただのスケジュール帳ではないものも簡単に作れます。
普通の手帳にはなかなか付いてこない「ガントチャート」も、この「貼暦」の横型を使えばカンタンに。
いや、私がガントチャートを必要としているだけなんですけどね・・・ショッピングサイトのセールススケジュールやキャンペーン情報などを可視化するのにガントチャートのようなレイアウトが便利そうなので。

ガントチャートについてはこちらで
ガントチャート – Wikipedia

つ、つまり、アイデア次第でいろいろな使い方ができますよね。

3mm/6mm方眼やB罫ノートで使えるように考えられた文字サイズとスペース

文字のサイズが3mm、スペースが3mmですので、3mm方眼や6mm方眼を使ったノートに使うとちょうどいいですね。
オフィシャルサイトで薦めているのは測量野帳でした。



後はB罫のノートがちょうど合うとのこと。

個人的にはとても使いやすいサイズと思います。

気になる長さは10m、雑に使ってもだいたい4年分

※icco nico様サイトより転載(許可済み)

長さは10mあるので、普通に使うと4年半くらい、失敗したりしても4年は使えるとのこと。
もう充分過ぎますよね・・・

いろいろな使い方ができそうなこのマスキングテープ「貼暦」。
数が限られているようで、販売店舗はさほど多くありません。オフィシャルサイトで確認してください。
オフィシャルサイトで直販もやっています。

shop icco nico

また、下記amazon.co.jpでも販売中です。
興味のある方は是非買ってみてください。



(Visited 595 times, 1 visits today)