どうも、2号さんです。
今年も残りわずかなんてたぶん嘘だと思います。
年賀状まだ全く手を付けてないのでお正月とどかなかったらごめんなさい。。
1号さん補足:デザイン完成してます。印刷するだけ・・・

ちまたで話題。。。なのかどうかわかりませんが、予約殺到で一時期値段が高騰していた大人の科学の活版印刷機、届きました。

せっかくなので感想でも。

組み立てはかなり簡単

届いたらまず組み立てないといけませんが、これは結構簡単でした。説明もしっかりしているので間違うこともないと思いますし、特に難しいところもありませんでした。小学生でも大丈夫なんじゃないかなー?というレベルです。

活字の切り離しがめんどう

買う前からわかっていたことですが、活字を一つ一つ切り離さないといけません。うちは幸いプラモデル用のニッパーがあるのでそれを使いましたが、ハサミだと少したいへんかもしれません。安くてもいいのでニッパー準備した方がよさそうです。これが結構時間がかかるしめんどう。。眠たかったので切りながら意識が飛んでいきそうになりました。

活字の管理はもっと面倒

切り離した活字を収納するところがないので、とりあえずタッパーに入れてあるのですが、必要な文字を探し出すのに一苦労です。簡単なものでも良いので収納ケースはほしかった。。文字を探しやすくする工夫は必要だとおもいます。これ、使わなくなるパターン・・・
収納ケース別売りでいいから欲しいところ。

インクをキレイにのせるのが大変

ローラーの問題なのか活字の問題なのかはわかりませんが、インクをキレイにのせるにはコツがいるように感じました。ちょっとインクの量多めがいいのかな〜?ちょっと強めに印字しようとすると紙に活字がくっついてしまったので、説明書にも書いてありましたが両面テープを使って活字を固定したほうが良さそうです。ローラーもバネが弱いのかなかなかうまくインクがのりません。このあたりは工夫次第というところかもしれませんが、慣れるまで失敗しました。

活字とローラーは追加購入可能

ひらがなは活字と英数字がついていますが、全く足りませんね。
特に英字。同じ文字が2つ使えないのでかなり制限されます。

付属の活字を活かしたい場合は追加購入できます。(1セット750円)

市販の活字は使えないので、漢字やカタカナが使いたい場合や好みのデザインにしたい場合は樹脂板を使うことになりそうです。

付属のインクはすぐなくなります

遊んでたらなくなりそうです。市販の水彩絵の具で代用可能らしいですが、せっかくなので活版印刷用のインクをつかってみるのもありかな〜と思います。
れたぷれ!ink 5色セット | すたんぷつくーる!ストア
CAPPAN STUDIO オリジナル活版インキ

ためしに印刷してみたのがこちら。

文字がまっすぐじゃなかったりかすれたりしていますが、これが味になるのでいいかなと。あ、よくみたらNはたぶん逆ですね。気付きませんでした。


遊ぶのは楽しいですが、実用的かといわれればちょっと疑問が残りました。ブログ名刺くらいなら作れるかなぁと思いましたが、まずURLが無理ですね。文字が圧倒的に足りません。あと、仮に文字が足りたとしても文字幅が全部同じなので特にアルファベットが間延びします。
こういうものだと割り切って逆にデザインを考えるとおもしろいものができるかもしれませんね。

もっといろんなことをやってみたくなったらステップアップすればいいので、まずはじめにここからはじめるのはありだと思いました。読み物もついていますし。。まだ読んでませんが。

再販されましたが、またなくなってしまう可能性もあるので、気になった方は今のうちに購入しておくことをおすすめします。

(Visited 570 times, 1 visits today)