どうも。2号さんです。
春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもありますよね。
私のまわりもなにやら騒がしいです。

今日は趣味の文具箱に載っていてちょっといいなぁと思ったものを紹介したいと思います。

「わたしだより」とは郵便局で発売されているご当地はがきです。

旅先で、しかも自分宛てに送ろうと思ったことがなかったのでちょっと新鮮でした。しかも地域で柄が違うのはいいですね。
はがきは全部で36種類です。東京が5種類、京都と沖縄が4種類、その他の地域は2〜3種類です。「日本」と「富士に桜」はわたしだより販売店であればどこでも買えるようです(北海道を除く)。

図柄はサイトを御覧ください。
一部ですが、こんな感じです。

はがきだけおみやげに買って帰るのもいいと思いますが、風景印を押してくれる郵便局もあるので、風景印あつめの目的で自分に送るのもありだおともいます。
風景印とは郵便局に配備されている消印の一種で、局名と押印年月日欄と共に、局周辺の名所旧跡等にちなむ図柄が描かれています。(Wikipedia

郵便局のサイトに風景印の柄が載っていました。
いろんなところに旅行にいって、風景印を集めるだけでも楽しそうですね。

切手シートも昨年の11月に発売されているみたいです。これもなかなかかわいい。。


販売店一覧はこちらです。
わたしだより 販売郵便局 一覧

ふと思ったんですけど大阪ないんですね。主要都市は結構網羅されてると思っていたのですが、大阪がないのはちょっと珍しい。。京都に飲み込まれたのかな?

手紙を書く機会が減ってきてるとは思います。送りたい人がいる方はその方へ、私のように書く相手がいない!って人は自分に書いちゃいましょう。
福岡にはよく行くので、とりあえず福岡のわたしだよりは買ってこようと思います。

(Visited 44 times, 1 visits today)