どうも。2号さんです。
今日は記事のネタが全然見つからなくてあわあわしています。
もっと効率よく情報収集する方法ないものですかねぇ。。
…というわけで、そろそろ最近購入したものの紹介をすることにします。

今日はTwitterで少し気になっていたぺんてるのネオセーブルを買ってみたので使ってみた感想です。前々から絵心がないと言っているのになぜ筆??と思われた方もいると思いますが、もちろん絵を書く用途ではありません。プラモの筆塗りに使えないかな?と思ってですね。

小さいプラモに使いたかったので細い方から2本ほど買ってみました。



ぺんてるえふで ネオセーブル|商品紹介|ぺんてる株式会社

なぜ買ってみたかと言うと…単純にプラモデル用の筆が高いからです!
ネオセーブルは水彩画で使うのにコスパが高いと聞いていたので、これプラモでも使えるんじゃない?というのがキッカケです。

プラモでよく使っている筆はこちら。
高い方は1000円オーバー!


安い方で(定価で)600円位です。

もっと安いものと使い分けもしますが、個人的お気に入りがこの2本(とProの旧型)です。

ただ見てもらったとおりお高いです。

使っている塗料はシタデルカラーです。アクリル絵の具なのでネオセーブルも使えるかなと。(ラッカー塗料はもしかしたら厳しいかもしれません)


(何が高いってシタデルカラー高いですよね。性能いいけど。。)

結論から言いますとちょっと厳しいかなーと思いました。

たぶん塗料との相性だと思います。シタデルカラーはアクリル絵の具なのですが、プラモ用だけあって乾燥が早いです。塗ってる途中で乾いてきちゃいます。なので筆の痛みは結構早めなんですよね。もちろんすぐに洗えばいいんですが、途中で乾くのでそれも難しいです。

私の使い方が雑なのもあって2回ほど使った段階で穂先が傷んできました。

安いので傷んだら買い換えようとは思っていましたが、2回でこれはちょっと厳しいかなと思いました。

プラモデルなので割と濃い塗料を押し付けるように塗っていたので余計に傷んだのだと思います。水彩絵の具で絵を書くときはこんな使い方はしないと思うのできっとここまで傷まないはずです。

あ、以前も少し紹介しましたが、水筆はシタデルでも結構使えました。穂先の材質なのかな…?

とりあえずネオセーブルは使い潰して最後はドライブラシ用にすることが決定しました。使い心地は悪くなかったし、もうちょっと穂先が持ちそうならよかったんですけどね。実験楽しかったのでまた良さそうな筆を見つけたら買ってこようと思います。

(Visited 55 times, 1 visits today)