お久しぶりです。2号さんです。
1号さんが記事をあげているのでご存知かと思いますが、東京に行っておりました。
めっちゃ寒かった…。普通に体調悪くなりました。
まだすっきりしないので、のんびり更新していきます。

今日は鉛筆シャープの紹介です。
鉛筆シャープといえばこれですよね…?


この色はまだいいのですが、ピンクとか水色?っぽいのがよく売っているイメージでした。
シャープペンより折れにくく、芯ホルダーのように削らなくてもいいのでササッとメモするときやマークシート、あとはお子様に良さそうだなーと思っていました。

今回発売される「鉛筆シャープTypeMシリーズ」はちょっとかっこいいですよ!


製品ページはこちら
鉛筆シャープ TypeM|コクヨ ステーショナリー

知らなかったのですが、タイプSというラインナップがあったみたいですね。そちらの高級モデルと考えたらいいのかな…?

製品ページにもありますが、Twitterの写真はType MXというシリーズで、金属グリップです。もう一つType Mというラバーグリップものモデルが出ます。
芯は0.7、0.9、1.3の3種類。価格はMが550円(+税)、MXが1000円(+税)です。

0.7や0.9は製図用のシャープペンがいろいろなメーカーから出ていますが、1.3で高級感のあるシャープペンは有名どころだとステッドラーくらいかな??あまり見ないような気がするので、選択肢が増えるのはいいことだと思います。

鉛筆シャープという名前がちょっと学生向けな印象を与えてしまいますが、普通に太めのシャープペンと思っていいと思います。特に0.7あたりは罫線のノートでなければ結構使いやすい太さだと思うのでこれに限らず一度試してみるといいかもしれません。

消しゴムは個人的にはいりませんが、これだけを持ち歩く人は別で消しゴムを持ち歩かなくていいので便利だと思います。(消しゴムは別売りで購入可能です)黒にしたのはいいですね。ここで消しゴムだけ白だと浮いちゃいますし。

太いシャープペンや芯ホルダーは1つあると便利だと思います。最近のシャープペンは結構折れにくくなっているので濃い目の芯を使うと力を入れずに書けるので楽かもしれません。(個人的にはB、2Bあたりが好き)

シャープペンは0.5しか使ったことがないという方は太め、細めいろいろあるので一度お試しください。書き味が結構違うので楽しめると思います。