当サイトはアフィリエイト広告を掲載しております/詳細はクリックにて

fimo レザーのような質感になるオーブン粘土 「フィモレザー」2019年10月発売

どうも。2号さんです。

オーブンで硬化させる樹脂粘土で有名なfimoシリーズ!
名前は知らなくてもパッケージを見たことがある人は多いと思います。

フィモソフト ホワイト 8020-0

フィモソフト ホワイト 8020-0

364円(07/21 06:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

こういうのです。粘土なのですが、オーブンで焼くとカチカチになります。
以前fimoで軸を作っている万年筆を紹介したことがありました。
https://carnet.ink/12227

ノーマルのタイプはカチカチに固まるのですが、固まっても柔軟性を残し、レザーのような質感になる「フィモ レザー」が新しく発売されます。
この手のレザータイプってあんまりレザーっぽくなくて偽物感が強いものが多いと思っていたのですが、サイトを見た限りだとなかなか良い感じでして…

よくある質問のところに載っていたのですが、
手縫い OK
ミシン OK
ハサミで切る OK
パンチで穴あけ OK
接着剤ではりつけ OK
…無敵かな?

汚れたら中性洗剤を入れたぬるま湯でおとすことができるそうです。
粘土なのでもちろん混色やパターン、グラデーションなど柄を作ることもできます。革だと難しい柄を作ることもできそうですね。

フェイクレザー自体がそこまで高くないと思うので粘土でわざわざ作るのは手間やコストを考えると微妙かもしれませんが、組み合わせて柄が作れたり、厚さを自由に変えられることを考えるといいかもしれません。市販ではない色や柄を作るのにはとても良いと思います。オーブンに入るサイズを考えると小物系(アクセサリーやキーホルダーなど)に使うのがよさそうですね。

それにしても焼くのに固まらないのか…不思議。
粘土なのでお子様でもかんたんに扱えると思います。オーブンはちょっと危ないかもしれないので手伝ってあげてください。

色は全12色(アイボリー、サフランイエロー、オーカー、ベリー、ウォーターメロン、インディゴ、ラグーン、オリーブ、ラスト、ナッツ、ドーブグレイ、ブラック)です。
価格は450円(+税)/57gです。
1ブロックを1mm~1.5mm厚に広げると約340cm2になるそうなので、自分の作りたい大きさを考えて計算してください。

これは買うとしたら1色ではなく数色かって組み合わせたいですね。
ちょっと文房具系とははなれましたが、手作り好きな方はぜひ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事を書いたのは...

1号さんの奥さん
建築畑出身、かなりの理系、Webデザイナー、フォトグラファー
好奇心旺盛だけど慎重なので手はなかなか出さない
1号さんの影響で多趣味に。作ることが好きなのは1号さんと変わらず

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次