またまた1号さんです。レビューです。
恐らく今日既に記事が掲載されていると思います、ゼブラの「マイティグリップ」、サンプルをいただきました。
ので、試用レビューを書きたいと思います。

さて、発売日はまだ先なのですが、先行レビューということで。
(ゼブラさんの方からも許可を頂いております)

パッケージから見ていきます。

マイティグリップのセット

今回提供頂いたのはこの2つです。
「マイティグリップ」本体とグリップバンド。
本体にはウェットタイプのグリップバンドが付いていて、ドライタイプのグリップバンドを提供いただきました。

マイティグリップ本体

マイティグリップ グリップバンド ドライタイプ

パッケージの色はシャープペン本体の色とは関係なく、全て共通、スカイブルーです。
実際の商品だと、本体に添付されるグリップバンドも「ドライ」と「ウェット」それぞれあります。
ですので、商品展開としては3色(ブルー、ピンク、ブラック) x グリップ2種(ドライ、ウェット)の6種類の展開となります。

プレスリリースより写真のみ抜粋
マイティグリップ商品一覧

では、早速本体を開封です。

マイティグリップ 開封

この部分にグリップバンドを巻きます。

グリップ

グリップバンドはこんな感じ。
マイティグリップ グリップバンド

表はくっつきやすい素材なのでフィルムが貼ってあります。
裏面は端のみ両面テープが添付。

グリップバンド 裏面

実際にウェットタイプを巻いてみたのですが、ガイドがしっかりとあるので思ったよりも巻きやすいです。
あまり引っ張って巻くとガイド通りに巻いてもはみ出すかな、と思います。

巻くのは結構楽しい(笑)ので、もう少し長めに巻きたい、と思ったり・・・

で、巻いた結果がこちら。

マイティグリップ 巻いた結果

・・・全体像過ぎますね。アップはこちら。

グリップのアップ

握ってみるとなるほど、いい感じで手に付きます。
私的にはもう1枚重ねて、少し太めにしたいですね。

気になる点がいくつか。。。。

シャープペンがちょっと安っぽいかなあ。価格を考えるともう少し高級感が欲しいところ。
ただ、軽いので使いやすい、というのはあると思います。

それと、巻くときにこうなります。

外れそう・・・

この部分がネジ式になってるので、巻いているときに外れそうになります。ちょっと焦ります。
何か一工夫あるといいかなあ、この辺り。

それと、これがいちばん気になったのですが。

書いてみると、上記の部分が指に当たってしまい、違和感があります。
もっと先の方を握るのかな、と試しましたが、私の手だとどちらにしても当たってしまいますね。
外してみることも考えましたが、グリップを止めている部分なので、グリップが外れていきそうでそれもちょっと・・・
女性やお子さんの手だと大丈夫なのかな。男性の手だと厳しいかも知れません。

筆圧が強い人は自然とペンの握りも強くなりがち、そして指が痛くなりがちです。
そういう人はこれでグリップバンドを2枚くらい巻くことで指の痛みは抑えられそうです。

面白い商品だと思いますので、気になる方は是非買ってみて下さい。
グリップを巻くのはなかなか気持ちいいです、はい。