どうも。2号さんです。
台風はちょっと停電と断水がありましたが、ものが壊れたりすることなく通過していきました。
規模の割には被害が少なかったようですが、まだ停電のところもあるようですし、避難されている方もいると思います。
早く復旧することを祈っています。

趣味の文具箱が発売されたのでその中から気になったものを紹介していこうとおもいます。

趣味の文具箱 2020年10月号 Vol.55(万年筆インクLOVE)[雑誌]

趣味の文具箱 2020年10月号 Vol.55(万年筆インクLOVE)[雑誌]

1,170円(11/26 04:28時点)
発売日: 2020/09/07
Amazonの情報を掲載しています

いままで何回か紹介し、購入もしている京都の文房具店TAGの限定セットです。

最近限定インクが多すぎますよね。新しく出る色もどっかで見たような色が多いです。
こちらも色はすでに発売されているものでも似たようなものがあると思いますが、他にはあまりない特徴があると思います。

  1. 友禅染の染料でつくっている
  2. 1色5mlと少量
  3. パッケージがかわいい

3は個人の好みもあるので何とも言えませんが、1.の友禅染の染料はちょっと珍しいと思います。(万年筆で使えるように調整してあるそうです)
2は意見が分かれそうですが、これだけたくさんのインクがあり、インク沼にハマっている人はすでにボトルインクをたくさん持っていると思います。なかなか使い切れないけど買いたい人にとってはミニボトルはありがたいです。この中に気に入った色があってずっと使いたい方は単色大容量の方がうれしいと思いますが、そもそも限定インクは後々継続的に手に入れるのが難しいので気に入っていても定番インクにはしにくいですよね。
個人的には少量でいろんな色を使える方がありがたいので良いなと思いました。(ただ、5mlはちょっと少なすぎるという意見はあるかもしれないなと思いました)

パッケージがかわいいですし、色は派手過ぎず落ち着いた色が多いので使いやすいと思います。スモーキーカラーが好きな方は気に入ると思います。自分用にももちろんいいですが、万年筆を最近使い始めた方へのプレゼントにはすごく良さそう。5ml5本で3300円(+税)、5500円以上買わないと送料が発生することを考えるとちょっとお高めだなぁと思いますが、パッケージやオリジナルの瓶などを考えると仕方がないのかなぁと思います。

9月11日発売です。ここの限定や新色はすぐなくなる傾向にあるので気になる方はぜひお早めにどうぞ。