当サイトはアフィリエイト広告を掲載しております/詳細はクリックにて

「イラストで楽しむ万年筆のインク見本帖」2023年6月23日発売

どうも。2号さんです。
最近Windows、調子悪いっていうほどでもないのですが、特定のアプリが起動しなかったりBluetoothが一部つながらなかったりします。
そろそろクリーンインストールしたほうがいいのかもしれませんが、めんどくさいんですよねーあれ。
アプリは代わりのものを見つけたし、特にめちゃくちゃ困ってるわけではないのが悩みどころです。

私もTwitterでよく見ていた代官山蔦屋さんのイラストが本になりました。上手なんですよ。インクの色見本にもなりますし、絵がめっちゃうまい。いつもすごいなーとおもっていました。

イラスト、全部のっていたらすごかったのですが、厳選した365作品です。それでも十分多いですね。
一部例として画像があったのでのせておきます。せっかくなのでプレスリリースになかった画像をえらんでみました。
使っているインクはもちろん、イラスト内で使っている万年筆も紹介されています。紙は全部一緒っぽいですが、何の紙でしょうね…?Twitterで紹介されていたかもしれませんが、忘れてしまいました。クリーム紙だとは思いますが詳細不明です。

イラストだけでなく、万年筆インクの基本、楽しみ方、オリジナルインクなど、これから万年筆を使ってみたい方にとってとても参考になると思います。
インクの基本はぜひ知っておいてほしい。最近インク増えましたからねぇ…。昔ならほぼ染料インクですよ!って言えた気がしますが、最近そうでもなくなりました。ラメも増えたし。

紹介されているインクの種類も1211種類と多く、ちょっと楽しいインク見本帳として使えると思います。
いままで「これから万年筆を使ってみたい」という方には趣味の文具箱(バックナンバーを含む)をおすすめしていましたが、今後はこちらも候補に入りそうです。
すでに万年筆をお使いの方は知っている内容のほうが多そうでした。イラストを紙で残したい方はおすすめできると思います。そういう意味で電子書籍より紙の本がいいかもしれませんね。

発売は2023年6月23日です。気になる方はぜひ。

イラストで楽しむ万年筆のインク見本帖

イラストで楽しむ万年筆のインク見本帖

佐久間 和子
3,498円(02/26 00:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事を書いたのは...

1号さんの奥さん
建築畑出身、かなりの理系、Webデザイナー、フォトグラファー
好奇心旺盛だけど慎重なので手はなかなか出さない
1号さんの影響で多趣味に。作ることが好きなのは1号さんと変わらず

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次