久しぶりにGRAPH1000を買ってからシャーペンの使用頻度が上がっています。
ここでシャーペンの芯のお話です。
タイトルにも書きましたが、GRAPH1000用の芯としてGRAPHITE0.4を買ってみました。濃さはBです。

商品はこちら。

社会人になってからあまりシャーペンを使う機会がなく、ひさしぶりにシャーペンやら芯やら購入してみましたが、芯は思った以上に進化していたようです。

自分の筆圧が変わった

学生の頃はHBを使っていて特に不満がなかったのですが、久しぶりに使ってみると思ったより薄い。昔と比べて芯は良くなってるとは聞いていましたが、薄くなったとは聞いたことがない…ということは。

私の筆圧が弱くなった

これです。文字を書く機会が減っているのが原因だと思います。万年筆はたまに使いますが、筆圧をあまりかけなくてもスラスラ書ける筆記具なので、あまり気づきませんでした。

書く機会を増やして筆圧を上げていくのも考えましたが、手っ取り早いのが芯の変更。HBの芯をBに買い換えました。これがなかなかいい感じです。あんまり折れない!(筆圧が弱くなっただけだったらごめんなさい)

メーカーによっていろいろ特色があるようなので、いろいろ買ってみて自分の好みの芯を探すのもいいと思います。学生さんだったらお友達の芯と交換してみるのもいいですねー(楽しそう♪)
詳しそうな方のブログによると廃盤になっている芯で品質の良いものがあるそうです。気になる方は…このあたりを参考にお店で探してみてください。

[bm url=”http://nopennolife.blog22.fc2.com/blog-entry-30.html” description=”文房具についてのレビューを書いていきます 文房具大好きな自分がオススメの文房具を紹介しています♪”]文房具まとめブログ シャー芯書き比べ[/bm]

ただ手に入れるのは大変だと思うので、現行商品で好みの芯を探したほうが現実的だと思います。(記念に買うのはいいと思う!欲しいw)

特化型の芯がある

最近ではあることに特化した芯も出ています。
たとえばこちら。教科書用の芯。


教科書のようなツルツルした紙にも描きやすい芯らしいです。クルトガのコーナーで良く見かけます。

赤芯と青芯
これは以前紹介しました
[bm url=”http://carnet.ink/90″ description=”「消せる赤芯!」クルトガ 0.7mm 赤芯”]「消せる赤芯!」クルトガ 0.7mm 赤芯 | CARNET -カルネ-[/bm]
この時は赤芯だけでしたが、青芯もあります。


消しゴムで消せるのがいいですよね〜。
赤芯は時々使っていますが、ちょっと色が薄いです。文字を書くより目印で使うのに向いてそう。

他にもいろいろありそうですね。おもしろそうな芯を見つけたらまた書きます。

100均の芯

コスパ最高!な100均です。ここでももちろんシャーペンの芯は売っています。私はあまり使ったことがないので詳しいことはわかりませんが、値段がやすい分品質は少し劣ると聞きました。(噂です)
「100均のシャー芯でも書きやすいよ〜♪」という方はそれで全然いいと思いますが、ちょっと不満があるなーと思っている方はぜひ文房具屋さんで売っている200円〜300円くらいの芯を買ってみてください。かきごこち、変わるかもしれません。

以上、シャーペンの芯のお話でした。
これからいろいろ使ってみてもう少し詳しいレビュー記事が書けたらな〜と思っています。

(Visited 189 times, 1 visits today)