どうも。2号さんです。
手荒れがほぼ完治!やったぁ!
薬で抑えているだけなので油断したらまた出てくると思います。
なので、引き続き寝るときは手袋、洗剤使うときはゴム手袋を徹底します。
そろそろ日中の手袋はしなくても大丈夫かな?

100円均一の布手袋が役に立ちました。よくモデルハウスなどに置いてある白いやつです。
パソコンやスマホを使うときに不便なので、右手の指先をちょん切っています。
100円なのであまり心が痛まずにすみますが、だんだん糸がほつれてきます。

今日紹介するのはクラウドファンディング‎案件です。すでに目標資金は達成しているのでたぶん商品は届くと思いますが、自己責任でお願いします。

濡れたタオルで拭くだけで消せるノート、「Everlast」です。

濡れたタオルで拭くだけで文字が消せる。繰り返し使えるノート「Everlast」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

イメージビデオのリンクを貼っておきます。最初は遊んでいますが、途中からちゃんと商品の紹介をしています。最初の数十秒で切らないで。。

濡れたタオルと書いてありますが、ウェットティッシュで消すことができます。

コンセプト自体はそこまで新しくないような気がします。いわゆる「ホワイトボードっぽいノート」と使い方は似ていますね。nu boardとかバタフライボードとか。

ではホワイトボード系と何が違うの?というのが気になるところです。

専用ペンが「フリクション」

これが意外と大きいんじゃないかな?
ホワイトボード系のノートだといわゆる「ホワイトボード専用マーカー」かノート専用のペンしか使えないので色の種類や太さが限られると思いますが、このノートはフリクションシリーズだとOKのようです。フリクションは入手しやすいですし、色も豊富です。

1ヶ月以内なら綺麗に消せるようなので、すぐに取り込まなくても大丈夫というのもいいですね。
インクが乾くのに10秒くらいかかるようですが、10秒経てばこすっても消えないので、ホワイトボード系よりも使いやすいと思います。

紙が軽い

持ち歩く人にとっては結構重要なことだと思うのですが、ホワイトボード系と違い、紙です。ペラペラです。軽いので結構な枚数持ち歩くことができます。
サイズは2種類ありますが、どちらも30枚オーバーです。

プレゼンや会議などで使う場合はホワイトボード系の方がいいこともあると思いますが、個人でノートがわりに使うことを考えるとある程度枚数は欲しいですし、持ち歩くのに軽い方がいいです。

専用アプリが使いやすそう

実際に使ったわけではないので先ほどのプレゼン動画を見た印象ですが、専用アプリの出来がなかなか良さそうです。自動読み込み、自動でクラウドサービスに振り分けなど必要な機能がちゃんとついている気がしました。特にノートについたマークで保存先を振り分けることができるのは便利そうです。
読み込んだ後、保存先のサービスでちゃんと読みやすいように保存されているかが気になるところですが、QRコードがついていて、正しい順番に保存されるとのことなので、順番がめちゃくちゃになるようなことはなさそうです。(読みやすく保存されているかは別問題ですが。。)

後は専用アプリがこの先ちゃんとアップデートされていくかは気になりますね。保存先がDropbox、Evernote、Google Docs、OneNote等なので、アプリの開発が終わる=データが消えるということにはならないと思いますが。
(仮に専用アプリが機能しなくなったとしてもスキャナ系アプリは他にもあるので、このノート自体の使い道がなくなることはないと思います)


ここまで見るとなかなか良さそうなのですが、まあまあなお値段です。(通常予定価格 4980円)今なら10〜20%オフで買えるようですが、それでもまあまあなお値段です。アプリで取り込む形になるので、高校生以下の方には向かないと思います。(授業中にデジタルデバイス触ってたら怒られるよね、たぶん。)
大学はパソコン持ち込んでいる人もいると思うので大丈夫だとは思いますが、最近の大学事情はよくわからないのでなんともいません。た、たぶん大丈夫だよね?
社会人の方は業種によってはとても重宝しそうな気がします。

この手のノートは用途がぴったり合えば手放せないアイテムになると思います。「これだ!」と思った方はちょっとお安い今のうちに支援しておくといいかもしれません。

(Visited 192 times, 1 visits today)