どうも。2号さんです。
ここ数年、ゲームをするようになりました。(積んでるのも多いですが)
ちょっと前にニーア・オートマタを購入しましたが、まだ手をつけていないのでそろそろ始めたいです。
スマホゲーも時々やりますが、完全無課金勢です。(開発者の方ごめんなさい)
最近ではシノアリスをやり始めましたが、笑うほどエラー祭りです。

今日は久しぶりに本の紹介です。(まだ買っていません)

「字が綺麗になる」系の本はたくさん見かけますが、「字が汚い」というタイトルはなかなか衝撃的でした。
Twitterでこの本を買っている方がいらっしゃいました。その方の字、見たことあるのですが、めちゃくちゃうまいと思うんです。(本人は字が汚いと思ってらっしゃるみたいなので購入されたようですが。。)

字が綺麗になりたければ字が綺麗な人にならうなり綺麗な手本を見て練習すると思っていたのですが、この本は字が汚いと言われている人に取材をしています。

西原理恵子さんが帯を書かれていますが、
「がんばってみたらしい 無駄だったけど」
…無駄なのか!!
というわけで、この本を読んでも字が上手くなるというわけではなさそうです。

文房具好きさんは手書きする機会も多いと思いますが、文字をたくさん描く=字が上手くなるというわけではありませんよね。
私は文房具好きなのにあまり文字を書かず、字が綺麗なわけでもないという三重苦です。。
ここでもインクのテストなどでたまに手書きの文字を載せていますが、正直恥ずかしい。。せめて人様にお見せしても恥ずかしくない程度には上手くなりたいと思っているのでこの本に惹かれたのですが…
そうかぁうまくなるわけではないのかぁ。。

字が上手くなりそうだったらちょっと買おうかと思ったのですが、ちょっと考えちゃいますね。。
タイトルはおもしろそうなので、本屋さんに行った時にでもチェックしてみます。

おまけですが。。
一緒に購入されている本がおもしろそうでした。これもTwitterで購入されていた方を見かけた気がします。結構話題なのかな?

ちなみに「ニーア・オートマタ」はこちら。
評判の良いゲームですので興味のある方は是非。

(Visited 91 times, 1 visits today)