どうも。2号さんです。
今日は珍しくWindowsパソコンから更新しています。
ずっとMacを使っていましたが、最近は併用しています。
いろんなソフトが月額制になり、Win/Macどちらで使ってもOKになったので乗り換えやすくなりました。いいのやら悪いのやら。

今日紹介するのはマルマンから新しく発売されたノート「Glyphy(グリフィー)」です。


Amazonではまだ売っていませんでした。公式サイトと特定のお店でしか販売していないのかな??

1号さん補足:発表は2017年11月に行われていました。その時の発表では2018年2月中旬発売予定です。

注目したいのは紙の種類です。
3種類あります。

筆記用紙 MPS-N 90g/m²

オリジナル用紙です。わかりやすいところでいくとニーモシネがMPS-N 80g/m²なので、これよりちょっと厚手になります。


参考:筆記用紙のMPS
厚さがあるので柔らかい書き心地だそうです。ニーモシネが評判いいのでこちらも気になるところですね。
ダイアリーのリフィルに同じ紙が使われているようです。試したい方はダイアリーを使ってみるのもありです。

1号さん補足:ニーモシネ、持っていますが、書き味はかなりいいと思います。
どのボールペンでも軽く書くことが出来る、そんな紙だと思います。

画用紙 並口 MPS-D 126.5g/m²

こちらもオリジナル用紙ですね。
みんな大好きスケッチブックと同じ紙です。


参考:画紙のMPS
スケッチブックの表紙は良くも悪くも目立ちますからね。
こっそり(?)持ち歩きたい方にはいいかも。

アンチークレイド紙 MPS-C 60.0g/m²

これだけ見たらよくわからなかったのですが、クロッキー帳のクリーム紙です。


(なんとなく黒のリンクはってみました)
クロッキー帳のクリーム紙は個人的に大好きです。SQサイズがかなり気に入っていて気軽に使えるので落書き用紙にしています。万年筆との相性が良いという話も聞きます。
2号さん的にはお値段的にも気軽に使えるクロッキー帳がいいのですが、ちゃんとしたノートとしてこの紙を使いたいという要望はあったと思います。この紙を使って自分で製本してる人、いた気がしますし。。
喜んでいる人、結構いるんじゃないかなー。


全体的にちょっとお高いかな~。という気がしないでもないですが、紙は良いので表紙の価格として納得できればありだと思います。
実物を見ていないのでわかりませんが、表紙の質感が気になりますね~。

1号さん補足:
紙質などにこだわっているようで、コンセプトは「書く(描く)ことが好きな大人に向けた上質でパーソナルな自由帳」とのこと。
高級感を出しているのと、こだわった紙質で価格もそれなりに、ということですね。
見つけたら買いたいと思います。

一部店舗ではすでに発売されているので、気になる方は覗いてみてください。


(Visited 301 times, 1 visits today)