どうも。2号さんです。
文房具と食べ物のコラボはよくありますよね。
今回、キャンパスノートとフィットのコラボが発表されていたので、Fit柄のノートが出たのねーと思っていたらまさかのガムでした。



逆バージョンはちょっと珍しい気がします。
コンビニなどで売られているらしいので、気になった方は見に行ってください。


先日、文具女子博インク沼のことを調べているときにもおもったのですが、ものすごい数のインクが発売されていますよね。
いま普通のインクを発売しても埋もれちゃいますよね。。
ちょっとインパクト重視なインクが増えている気もします。

たとえばこういうインク。

KWZ 『Sheen Machine』(シーンマシーン)


一昔前はフラッシュするインクって避けられていたのですが、このインクはわざとフラッシュするように作られています。価値観って変わるものですね。他のメーカーも色の変化が楽しいということでフラッシュするインクを積極的に発売している印象です。

Tono & Lims 『日出処』


こちらもフラッシュ系です。ブルーブラックにオレンジフラッシュというちょっと珍しいインクです。名前が素敵ですよね。『日出処』。読み方は書いていませんでしたが、「ひいづるところ」でいいのかな?

Tono & Limsはほかにもちょっと変わったインクを発売しています。

Tono & Lims ブルーブラック専用混色インク&トナー液


混色可能なインクはこれまでにもありますが、こちらはブルーブラック専用です。
変わってるなーと思ったのはトナー液というトーンアップ(少し明るくする)液があることです。


これは初めて見た気がします。今後の展開があるようなので楽しみですね。

Tono & Lims Special Editions: Star Light Line aldebaran

こちらも変わったインクです。
ピンクからオレンジに変色したり、場合によってはピンクに戻るインクだそうです。あと、UVをあてると光ります。これはちょっとめずらしいですよね。

ギフショナリーデルタ

こちらは既存のシリーズ(ご当地インク)なのですが、文具女子博用に小瓶2本セットになっています。何がいいって組み合わせと名前ですよね。。これはずるいと思います。(なにが…?)


大坂の陣(靭夜叉五倍子×立売堀墨銀)
お初と徳兵衛(曽根崎橙燈×露天紫雨)
幻の花いかだ(天満桜路×堀川翡翠)
繁華街の昼夜(中之島春緑×北新地紅夜)
すべての始まり(梅田夜青×堂島緑金)
題名の由来はスレッドをご覧ください。


今日は2号さんが個人的に気になっているちょっと変わったインクを紹介しました。
最近はインク交換会なるものもあるそうなので、ボトルで買ってお友達と交換するのもいいと思いますし、最近は瓶やラベルが素敵なインクも多いので飾るのもよいと思います。(日が当たるところだと劣化が早まると思いますので保管方法には注意してください)

カクノやプレピーなど格安で書き心地もわるくない万年筆もあることですし、ガラスペンがあれば気軽にインクを使い分けることもできます。

インク沼、楽しんでください。