ちなみにどこにも「in NAGASAKI 2019」とは書いてなかったような気がしますが、便宜上、ということで。
昨年開催され、かなりの人手だった「ごほうびフェスタ」が今年もこの記事を書いている今日、2019年11月8日(金)~9日(土)の2日間に渡って開催されています。
昨年同様、速報的にまずはお届けします。

というわけで、長崎市のかぶとがにアリーナにて開催される2回目の石丸文行堂さんが中心になって行われるイベント「ごほうびフェスタ」。
昨年、とても楽しかったので、今年も楽しみにしていましたが、やっぱり楽しかったです(笑)。

写真もほぼ撮って出しなので眠かったり暗かったりするかも知れません。ご容赦下さい。改めてきちんと記事にします。

というわけで、まずはこちらから。
って、これ、何やるのでしょうか?

ちらっと見えましたね。

「九州初」と書いていますが、KAWECOの方曰く「関西ではやったけど、それより西ではやってないんじゃない?」との事。
選べるカラーであなた色の万年筆を作りましょう!!ということです。

で、出来上がりはこんな感じ。わざわざ作ってくださいました。

ペンホルダーなどはオプションになります。

続いて、MOLESKINEです。
明日はもうないかな~。こちら、個人的に目玉かな、と。

分かりにくいかな、下記です。

このノートのカリグラフィー文字、手書きです。1冊1冊、手書きで書かれたものです。
この積んである分しか用意してないとのこと。購入したら特典でこのノートかマスキングテープ、横にあったノートのいずれかをもらえるとのこと。
太っ腹です。
2号さん、特典に乗せられて一冊買いました(笑)。

最近、紙質が落ちたんじゃないか?と言われているMOLESKINEですが、その辺り、お話を聞いてきましたのでまた別の記事で。

更に横ではスタンプサービスが。

他にもかなりの品数、準備されていました。

あ、特典はこちらが分かりやすいかも。

お会いするといつもお話させていただくセーラー万年筆さん。
すっかり仲良しな感じでいつもすみません。ありがとうございます。

今回は四季織マーカーがかなり広いスペースでした。買っちゃいました(1号さんも2号さんも前から欲しかったのです・・)。

ふでdeまんねんなども。これも面白いペン?万年筆?です。

他にもとりあえず写真でざっとご紹介。
購入したものもありますので、後日きちんと記事にするものもあります。
(長崎美景の万年筆などはキチンと記事にしますので、少しお待ちください)

そうそう、これだけはちょっとご紹介させてください。

トンボ鉛筆さん、鉛筆にその場で名前を箔押しできるサービスをされていました。
キチンと金属の刻印を使って押し込まれる、自分だけの鉛筆が作られるサービスです。
店頭やイベント会場でその場で刻印して渡してくれるので人気があるそう。

この店頭やイベント会場に機材を持ち込んでのサービス、今シーズン(具体的な日程は聞いていません)で終了とのこと。
それ以降はインクジェットでの印刷で、その場では出来ないので一度お預かりしてからのサービスになるそうです。

機材の老朽化、刻印を作る職人がいないため、だそうです。

目の前で鉛筆に刻印が打たれていくのは何ともカッコよくて楽しいのですが、本当に残念です。
長崎では恐らく明日が最後になるのでは?と思います。
鉛筆もかっこいいのがありました。

この鉛筆、いいですよね。
年に最低でも2回くらいはマークシート試験を受けるので買ってもよかったかな。

というわけで、ごほうびフェスタ、明日までです。
お近くの方は是非足をお運びください。
今年は無理!!な方も、来年も多分あるとおもいますので、来年是非。