どうも。2号さんです。
くしゃみがよく出ますが、花粉症ではなさそうです。鼻水はそんなに出ないんですよね。
ふむ。。

今日はモレスキン。知らない間に新しいサイズが出ていました。調べてみたら結構前に出てたみたいです。

クラシック ノートブック – ミディアム – ブラック – – Moleskine
この写真だとサイズがわかりにくいと思いましたので、家にあったラージと比較した写真も撮ってみました。

ちょっとちっちゃい。重ねて見るともうちょっとわかりやすいかな?

ここでみんな気になっているのがモレスキンの紙の質だと思います。
ある時期から紙の質が悪くなったという話が出ていたと思いますが、直接伺ってみました。

まず最初に紙は改良を加えられていてだんだん良くなっていますが、万年筆で使うことは想定していないとのことでした。万年筆はインクや太さによって裏抜け、裏写りしやすい筆記具だと思います。対応しようとすると紙を今よりも厚くする必要があり、枚数を減らすか、同じ枚数にすると厚く、重くなるので対応していないとのこと。モレスキンはハードカバーのものが多いので丈夫で持ち歩きに適しているノートかな?と思います。そう考えると気軽にボールペンや鉛筆で使うのがいいのかもしれませんね。
万年筆に適した紙を使っているノートは他にもいろいろあるのでそちらで万年筆を使うことにして、モレスキンは普段使っているボールペンでサクサクっとつかうのが良さそうでした。

お高めのノートなので大事に万年筆で使いたい気持ちはすごくよくわかります。私もそう思っていましたし、万年筆とセットで紹介している人も多いと思います。
ただ、このノートはもっと雑に使ってもいいっぽいです。装飾が少なく、思考の邪魔をしないのでクリエーターの方に愛用されているそうですよ。このノートに思考を溜め込んでおいて、別のノートにまとめるときに万年筆を使うといいかもしれません。ノートも筆記具も適した場面で使いわけると考えると楽しみが増えますね。

ハードカバーのノートはたったままメモを取りやすいので外で使うのにも向いています。最近は小さめバッグが流行っているのでラージだと少し大きすぎると思っていた方はこちらのミディアムサイズ、いいと思います。ポケットはちょっと小さいですもんね。(でもあのサイズ感も結構好きです)

ミディアムは発売されてあまり期間が経っていないので表紙のカラーバリエーションが少ないです。特別仕様の表紙もないんじゃないかな…?会場では黒しか売っていませんでしたが、公式サイトを見るとスカーレットレッドとサファイアブルーがあるみたいです。赤かわいいし、青もいいなぁ…でも黒もいいので問題ないです。(次は青にする…!)


海外だと違う色もあるみたいですし、日本でもそのうち売り出しそうですね。

サイズ感が気に入ったので持ち歩き用ノートにしようかと画策中です。(いまはトラベラーズノートですが、これは別用途に使う予定)

ごほうび会場特典もしっかりいただいてきました。

このグレーのノートが在庫限りで貴重だと伺ったのでノートにしました。表紙のカリグラフィーは手書きだそうです。(手書きの印刷…かな?しっかり聞いておけばよかった…)

用意されていたスタンプ押し放題だったので遊ばせてもらったのですが、がっつりスペルを間違えました。慌ててたんです…(泣)写真は自重します。通常のノートよりも薄めの紙(ちょっとクロッキー帳っぽい)紙だったので片面使いで使わせてもらいます。イラストとか良さそうですが、2号さん絵心がないのでなにか手作りするときのラフスケッチ用にしようかなー?

ひさしぶりのモレスキンなのでちょっとテンションがあがっています。手書きする機会が激減していますが、使い始めてしばらくたった後レポート記事をかけるといいなと思っています。