どうも。2号さんです。
福岡に行く用事があったので、せっかくならおいしいものを食べたいとリクエストしました。
何が食べたい?って聞かれたのでラーメンって即答したら笑われたんですけどラーメンおいしいですよねぇ。
地元じゃおいしいラーメンにありつけないんですよ。(店はたくさんあるので好みの問題でもある)
おかげで超さっぱりなとんこつラーメンのお店を見つけて満足です。

今日紹介するのは80年代に発売されたプチ文具セットのリニューアルです。当時小学生以上の方はたぶんみたことがあるはず。

これ。650万個も売れたらしいので持っていた方も多いんじゃないかな?
名前は知らなかったのですが、「チームデミ」だそうです。
私も(たぶん)白を持っていました。持っていたのは確実ですが、色はうろ覚えです。
いただいたので気に入ってて時々ながめていたのですが、いざ使おうとするとハサミがすごく切れにくくて使えませんでした。同じ感じでテープもきれいに切れませんでしたし、カッターも使いにくい。当時小学生だったと思うのでプチ文具を器用に使いこなすことができず、結局机の奥底で眠ることになりました。

私にはプチトラウマがある「チームデミ」ですが、今回復刻というよりはリニューアルになっています。

ベースの形はほとんど一緒に見えますが、前と変わってそうなところははさみがベルヌーイカーブ刃になっているところとSIMカード交換用ピンが追加されたところです。他はデザインが少し変わったところ以外違いがわかりにくいかもしれません。あ、定規の片側が金属板になっていますね。前はなかったと思います。
(写真と記憶をもとに書いているのであいまいですが、他にもこまごまと改良されていると思います)

収納がマグネットになったのも前とは違いますね。前は堅めのスポンジだったと思います。ちょっと取り出しにくかったのでマグネットの方がいいと思います。

あと気になったのはお値段です。
6000円(+税)
これをどう見るか。

ケース代を2000円と仮定して、8アイテム4000円です。均等割りしたら1個500円になります。この価格をどうとらえるか。

以前は持ち運び用のプチ文具が少なかったこともあり人気でしたが、今は携帯用ハサミも使いやすいものが増えてきましたしカッターはこのサイズちょっと使いにくいんですよね。のりは私はあまりつかわないのでよくわかりませんが、いまはテープのりがよく使われているという話も聞きます。SIMピンは今の時代ならではかもしれませんが、スマホに付属しているSIMピンの方がコンパクトです。同じ値段を出すなら使うものだけ個別で持ち歩きサイズを買った方が実用的だと思いますが、セットになっていて専用ケースがあるのはさっと持ち出すのには便利です。総合的に考えてどちらがよいのか迷うところでもあります。

消耗品が気になると思いますが、こちらは個別販売されています。
液体のり 500円(+税)
カッター 500円(+税)
メンディングテープ+ディスペンサー 500円(+税)
メンディングテープ 2P 400円(+税)

カッターは刃を取り換えるのではなく、本体ごと交換のようですね。それにしても液体のり高すぎじゃないですか…?

ミニ文具としてかわいいですし、デザインもいいと思います。子供は喜ぶと思うので観賞用やプレゼント用としてはありかもしれませんが、実用性には一歩欠けると思います。これは以前のチームデミでも同じことがいえたと思いますが、それでも650万個も売れたことを考えると今回も売れるんだろうなぁと思います。Twitterでも結構話題になってましたし、以前使ってた方が懐かしんで買うパターンが多いかもしれませんね。

以前のものを今でもお持ちの方もちらほらいらっしゃったので購入されたらぜひ比較してみてほしいです。(私のはもうないと思います)

すでに発売されていると思いますので気になる方はぜひチェックしてみてください。