さて、久しぶりの1号さんです。
今回は三菱鉛筆の「ユニ アルファゲル スイッチ」をご紹介します。
キーワードは“クルトガモード”と“ホールドモード”です。何それ?

今回、発売前にも関わらず、三菱鉛筆様よりサンプルをお借りすることが出来ました。ありがとうございます。

2021年2月10日発売予定の「ユニ アルファゲル スイッチ」、“クルトガモード”と“ホールドモード”という2つのモードを搭載しているとのこと。
まずはプレスリリースからご紹介です。

三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原滋彦)は、シリコーンを主原料とするやわらかい衝撃吸収材アルファゲル(※注2)を搭載したグリップで抜群の握りやすさが人気の『ユニ アルファゲル』シリーズに、使用シーンに合わせて“クルトガモード”と“ホールドモード”を切り替えて使い分けられる『ユニ アルファゲル スイッチ』(参考価格:1,100円:税抜 1,000円/芯径:0.5mm/軸色:全4色<そのうち2色は限定>)を、2月10日(水)に新発売いたします。

 集中力が続く(※注1)『ユニ アルファゲル』シャープは、やわらかく、弾力性のあるゲル素材をグリップ部に採用したシリーズです。今回、「芯が回ってトガり続ける」“クルトガモード”と、「安定した筆記感」の“ホールドモード”を切り替え、使用シーンに合わせて使える『ユニ アルファゲル スイッチ』を新たにラインアップします。一定の細さ・濃さでキレイな文字を書きたいときには、“クルトガモード”、安定した筆記感でたくさん書きたいときには、“ホールドモード”と切り替えて使うことができます。

三菱鉛筆のシャープペンシルといえば「クルトガ」です。
「クルトガ」と言えば「芯が回って尖り続ける」不思議な機構を取り入れたシャープペンシル。
他社は「折れない」というところに注力しているところが多いのですが、クルトガは同じ太さで書けるというシャープペンシル。
(クルトガ・アドバンスは芯折れ防止機構が付いています)

ただ、クルトガは「芯が回る」ことで「筆記が安定しづらく」、書き続けると少々疲れるという話も。

そこで今回リリースされたのが「ホールドモード」を搭載して、更に「アルファゲル」グリップの「ユニ アルファゲル スイッチ」です。

ユニ アルファゲル スイッチ

「クルトガモード」と「ホールドモード」の切り替えはクリップ部分を回転することで行います。
以下、プレスリリースから。

クルトガモード

“クルトガモード”
書くたびに芯が少しずつ回転することにより、芯の先がいつもトガっているので、書いた文字が太くなることがなく、キレイに書くことができます。キレイなノートを作りたいという場合に最適です。

ホールドモード

“ホールドモード”
文字の太さの違いや濃淡を気にせずに、ノート全面に早くたくさん書きたい場合に、安定した筆記感で書くことができます。暗記等の勉強に最適です。

という具合に筆記の目的によってモードを変更することが出来ます。

また、グリップはアルファゲル。
筆記中も指の疲れを軽減し、集中力が継続します。

さて、サンプルを見てみましょう。
今回送って頂いたのは「ネイビー」です。

アルファゲル スイッチ ネイビー

質感は全体的にいいです。すごく高級感があるわけではないですが、安っぽ過ぎるわけでもなく。
ただ、クリップ部分のプラスチック感が少し気になります。
モード切替の際にこのクリップ部分を回すのですが、回してみた感じ、耐久性が気になります。
費用との兼ね合いになるかとは思うのですが、こういう部分、もう少しこだわってもいいんじゃないかな、と。

そのクリップ部分をアップで。

まずクルトガモード。
クルトガモード

そしてホールドモード。
ホールドモード

実際に使ってみた感想です。
切り替えてみて感じる大きな違い。
クルトガを使って、直後に普通のシャープペンシルを使うことがないので気付きませんでしたが、確かにクルトガだとブレが気になります。
ホールドモードの安定度の高さ(笑)。いや、普通のシャーペンはこんな感じなんですよね、きっと。

確かにクルトガモードだと筆記の太さは一定に近いですね。

持った感じ、少し重めで重心が若干前にある点も個人的に気に入ってます。

あとはアルファゲルのグリップがより安定度高めてる印象。これはクルトガモードでも普通のクルトガより安定感あります。

また、アルファゲルグリップは「集中力が続く」という実験結果もあります。
こちらもプレスリリースから。

『ユニ アルファゲル』と汎用的なシャープとを使ってそれぞれ20分間の筆記作業を行った際の、前頭前野の脳血流変動を計測することにより脳活動をグラフ化しました(図参照)。 前頭前野の脳活動が低下すると「注意機能」や「遂行機能」が下がるという知見があり、「注意機能」が維持できないということは、集中が途切れている状態と考えられます。
 実験の結果、『ユニ アルファゲル』を使用したときは、汎用的なシャープを使用したときと比べ、前頭前野の脳活動が維持されることが分かりました。(実験協力:株式会社NeU(※注3))

お値段が1,100円(税込)と少々高めですが、クルトガと普通のシャーペン両方使いたい人にはオススメです。

ユニ アルファゲル スイッチ
品番: M5-1009GG 1P
価格: 1本 1,100円(税抜 1,000円)
軸色: ネイビー、ブラック、オリーブ(限定)、オレンジ(限定)
芯径: 0.5mm
発売日: 2021年2月10日