どうも。2号さんです。
眼精疲労&首こりでダウンしておりました。まだ全然治っていませんが、比較的ましな時間を狙って書いてます。
昨日めっちゃ寝たのでちょっとましですが、いつ悪化するか読めないので痛くなりそうになったら休憩しつつぼちぼちやっていこうと思います。

今日は恒例の趣味文です。今回の特集は「筆欲全開!手書きしたい」でした。

趣味の文具箱 2022年1月号 Vol.60

趣味の文具箱 2022年1月号 Vol.60

1,350円(11/27 14:27時点)
発売日: 2021/12/08
Amazonの情報を掲載しています

最近新しい万年筆やインクにそこまで興味がないので結構目新しいものが多かったです。全然知らなかったのですが、八文字屋というところのキャップレスがすごく上品でよかったです。ゴールドとシルバーだったらシルバーのほうが好きなのですが、これはゴールドがとてもよく似合うと思いました。12日から通販開始らしいのですが、記事がUPされる頃まで残っているといいな。前から言っていますが、限定キャップレスは気に入ったものがあれば買いだと思っています。一つあると便利。

手書きの方の特集は読んでいただくとして…
ちらっと耳にしていましたが、いま木軸がブームらしい。ほぉ。温かみがいいのかな?昔ご当地木軸のボールペンをプレゼントしたことがありますが、とても喜んでもらった記憶があります。木軸は多少お手入れが必要になりますが、お手入れ道具として笹木商店のつやふきんというのがとても良いらしいです。持っているわけではないのですが、Twitterとか雑誌でも結構見かけたんですよね。

とてもいいものらしいので木軸を持っている方で気になった方はチェックしてみてください。調べてみると通販はされていないようですし、営業時間的に行きにくいみたいです。コロナで営業時間が短くなったというのを見かけましたが、公式サイトがないので正確な情報がみつかりませんでした。

文房具を扱っているお店でこっそり?販売されていたという情報もあったので木軸を扱っているお店で聞いてみるのもよさそうです。こんなに見つけにくいと思っていなかったのでこんど東京に行くことがあれば(銀座にはたぶん行くので)探して買ってこようと思います。

あと今回もたくさんのインクが紹介されています。ふと思ったのですが、インクの価格、全体的に上がりましたよね?海外のものは輸送の関係で上がるのは仕方ないとして、国内の限定インクの値段が結構いいお値段というか。

自分も色の名前とか気に入ったら欲しくなるので値段が高くても買う気持ちはわかりますが、いま持っているインクですら使いきれていないので最近はあまり追いかけなくなりました。定番でお安いインクでもいい色はたくさんありますしね。
最近は手書きの機会がさらに激減しているので今持っているインクをどう活用していくかという方向へ考え方がシフトしています。

…というわけで本誌の内容にはほぼ触れていませんが、ちょっと関係ありそうな内容の話題だけふっておきました。掲載されていて気になった商品に関しては別で紹介したいと思います。今回はカタログ的な要素はいつもより少なめ、読み物要素が多めです。気になる方はぜひ読んでみてください。

趣味の文具箱 2022年1月号 Vol.60

趣味の文具箱 2022年1月号 Vol.60

1,350円(11/27 14:27時点)
発売日: 2021/12/08
Amazonの情報を掲載しています