どうも。2号さんです。
気温の変化や気圧の変化にやられがちですが、なんとか生きています。
昼間やたら眠いのはきっと春だからです。
今も超眠いです。

今日紹介するのは4月末に発売される「こども文房具2022」というムック本です。

文房具屋さん大賞PRESENTS『こども文房具2022』 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞PRESENTS『こども文房具2022』 (扶桑社ムック)

たこなお文具堂(他故壁氏・ふじいなおみ)
1,430円(11/30 14:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

発売が4月28日なので記事執筆時には表紙くらいしかわからず、内容がわかりませんが、子供向けの文房具本は珍しいなぁと思って紹介することにしました。

個人的に文房具ってわざわざ子供向けに作った方がいいものとそうでないものがあると思っています。
小学校低学年に関してはある程度学校指定がありそうなのでそれに従う必要があると思いますが、鉛筆や筆箱に関しては正直好みだと思っているので、こどもが気に入ったものであれば子供用である必要はないかなぁとも思います。

刃物に関しては手のサイズに合って切れ味がいいものでないと危険だと思っているので、こども用であっても切れ味の悪いものはNGだと思います。よけいケガする…。

あとこども用といったらなんだろう…?鉛筆の持ち方を補助するようなものとか、鉛筆削りとか…?
あんまり思いつきませんでしたが、全453アイテムも紹介されているそうなので私が思いつかない文房具がたくさん紹介されていると思います。

もうちょっと発売時期が早かったら入学時期に間に合ったのですが、今からでも遅くはないと思います。未就学児~小学校高学年向けらしいので基本親が選んだ文房具を使う年齢が対象になっています。この年齢のお子様がおられる方にプレゼントするのもいいと思いますし、この本を見て子供と一緒に文房具を選ぶのもいいと思います。

発売は少し先になりますが、気になる方はぜひ。