少し前、Facebookでこんな記事が流れてきました。
Link:ブームの予感!? フランスで人気の自由な塗り絵【コロリアージュ】でアートを始めよう♪ | キナリノ

コロリアージュって言われてもピンと来ませんでしたが、簡単に言うと「配色の決まっていない塗り絵」という認識で良さそうです。どの色を塗ってもOKなので、彩色する楽しさ、色彩感覚を磨くことができます。その上、ストレス解消の効果があるらしいです。

日本でも少し前に大人の塗り絵が流行りましたよね。私も塗り絵をやってみたくてプーさんの塗り絵を買いました。コロリアージュとはちょっと違いますが、これはこれで楽しいです。

ここは文房具ブログなので、色鉛筆に注目してみました。

色鉛筆の種類

色鉛筆は大きく分けて2種類あります。
みなさんお馴染みの色鉛筆は「油性色鉛筆」です。他には「水性色鉛筆」があります。こちらは水で濡らせば溶けるので、水彩画のような表現ができる色鉛筆です。

メーカー(国内/海外)ブランドも様々です。好みもあると思うのでまずは1セット買ってみて、それを基準にしてみるといいと思います。

なるべく多色

これは個人的な感想なので、違うって言われるかもしれませんが。。
色鉛筆は混色が難しいので、なるべく色数の多いものを買ったほうがストレスが少ないんじゃないかと思います。塗ってるときに「こういう色を塗りたいけど…ない(ー ー;)」ってのは結構ストレスじゃないかな?重ね塗りしたらある程度表現できるとは思いますが。。

初心者なので詳しいことはわかりませんが、初心者だからこそ色の数はある程度揃えておいたほうがいいかも。。と実際にプーさんを塗ってて思いました。

私は色辞典を使っています。


第1集から3集まで。中学生の頃、親が全集買ってくれました。しばらく使ってなかったのですが、大人の塗り絵を買ってから引っ張り出して使っています。これだけ(90色)あればだいたい間に合いますよね。デザインもかわいいし、色の名前がかっこいいので個人的にはオススメです。ただ、あんまり使わないセットもあります。(蛍光色とか)
他の色鉛筆を持っていないので知りませんでしたが、この色鉛筆は芯が硬めらしいです。

ちょっと気になるという方は一度Amazonを覗いてみてください。めっちゃ値引きされています。

例えばステッドラーの色鉛筆(60色)


参考価格12960円→5368円(2015/04/06現在)59%オフと表示されています。
ここまで安くなっているのは少ないですが、2割3割引きはゴロゴロしているのでお気に入りを探してみてください。各色鉛筆の特色は私はよくわからないので、参考になりそうなサイトを貼っておきます。
Link:色鉛筆について – エタ二ティカラーの色鉛筆アート 
Link:*** Calligraphy & PaperCrafts Life *** 水彩色鉛筆
Link:のびたりちぢんだりな色鉛筆レビュー

気軽にできるし、子供も一緒にできるのでおすすめです。

(Visited 835 times, 1 visits today)