当サイトはアフィリエイト広告を掲載しております/詳細はクリックにて

ぺんてる テープと液のいいとこどりの修正ペン「WHITESPEED」

どうも。2号さんです。
ブラックフライデーの戦利品が次々と届き始めました。
届いてみると結構買ったなぁという気分になりますが、まだ買う予定のものもあったりなかったり。
やっぱ年末は出費が多いですねぇ。

今日は修正液。結構めずらしいかも。なんと17年ぶりの新製品だそうです。
ぺんてるからペン先が幅広になっている修正ペン「WHITESPEED」がでるそうです。

ぱっと見普通の修正ペンに見えますが、ペン先が新しいです。なんと幅広。

修正ペンのペン先でぐりぐりーって白いインキを伸ばしたことある人、絶対いると思うんですけど…いますよね?!
このペン先だとひと塗りで約4.5㎜幅の線が引けます。曲線もOKなのでイラスト用途でもつかえるそうです。
修正テープがうまく引けず、よれたり切れたりする方はこちらの方が簡単に使えるかもしれない…とのこと。

修正ペンは乾くのが遅くて修正してから再筆記するまでに時間が必要なのがデメリットだと思いますが、いままでの半分の速さで乾くそうです。しかも筆記面がぼこぼこしない。

修正テープ、持ってるんですけど結構苦手なんですよね。すぐよれるし、はがれることもあるし。
修正テープで消したところの上から再筆記する時、ボールペンのペン先でテープがはがれる…なんてこと、よくあります。私は。

書く機会が少なく、修正テープを使う機会も少ない(最近シャープペンシルをよく使う&ボールペンで間違えても修正しない)ので使い勝手をあまり気にしていませんが、修正ペンを使う頻度が高い方はストレスなく使えるに越したことはないと思います。

すぐ乾くとのことなのでペン先がつまらないかな?というのは気になります。
詰まるまではいかなくても毎回ペン先で固まっていて拭かないといけなかったらちょっとめんどくさそう。
あと乾く時間が半分になったみたいですが、実際何秒くらい待てば再筆記できるのかはちょっとだけ気になります。従来の修正ペンは使ったことがあるので、なんとなくわかりますが、テープがほぼ待ち時間なく使えるのでそれと比べてどうなんだろう??ストレスがないレベルだったらこっちのほうが便利そうだなと思いました。

ペンタイプはテープよりも細かいところで使いやすいと思います。
イラスト用途はちょっとわかりませんが、個人的には修正テープより使いやすそうだと思いました。
うちにある修正テープは結構前のものなのですが、最近の修正テープは結構優秀らしいので、それと比較してどっちが使いやすいんでしょうねー。なんか人というか用途による気もします。

価格は 440円(税込み)、発売は2023年12月11日です。
修正テープをよく使う方、いまの修正ペンや修正テープに不満がある方は一度試してみてください。

気になる方はぜひ。

ぺんてる ペン修正液 WHITESPEED XZLH64-W

ぺんてる ペン修正液 WHITESPEED XZLH64-W

401円(02/28 17:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事を書いたのは...

1号さんの奥さん
建築畑出身、かなりの理系、Webデザイナー、フォトグラファー
好奇心旺盛だけど慎重なので手はなかなか出さない
1号さんの影響で多趣味に。作ることが好きなのは1号さんと変わらず

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次