手帳特集記事、増えてきましたね。
今回はGetNaviです。タイトルは「デキる手帳選び」またすごいタイトルで。。。
中身はしっかりしているのでタイトルで損しているパターンかもしれません。

記事は8つに分類されています

1.インタビュー

有名な安藤美冬氏のインタビューが1発目です。なぜなんだろう。。
「私はこう使ってます」という記事は参考になる部分があると思うで、一通り目を通してみました。自分に合いそうな部分は真似すればいいと思いますが、それ以外はおもしろいなーと思って眺めておくと後から何かに使えるかもしれません。

2.タイプ別診断

一番最初に診断チャートがついています。やってみましたが、自分の使いたい手帳にならなかったのが悲しい。

その後「このタイプの手帳はこういう風につかいます」という例がベストアンサーというかたちでのっています。

それぞれのタイプにメリットデメリットがちゃんと書かれているのはわかりやすくていいですね。
文房具好きなら当たり前のことかもしれませんが、GetNaviは文房具雑誌ではありませんからね〜。
ここで自分に合う手帳を探してみるのもいいかもしれません。

その後に載っている「このタイプを特に使うべき職種はこれ!」は参考程度に。

3.見晴らし手帳

タイトルだけ見ると「?」がいっぱい浮かぶかもしれませんが、今年この手の手帳が増えています。「見晴らし手帳」とは折り返しがついていて開くことができるものや蛇腹になってる等、一覧性の高い手帳全般のことを指したこの雑誌だけの造語だと思います。「見やすくなるように工夫されている」という点は共通なのですが、形はさまざまです。
説明してもなかなか伝わりにくいので、リンク先の写真を確認してみてください。

開くタイプ


蛇腹タイプ

分割タイプ

特にこのPat-miはお店でも大きく取り上げられていた印象です。ジブン手帳も一緒に置いてあったので単にコクヨブースだったのかもしれませんが。。

4.最新カタログ

数はそこまでありませんが、見開きの写真が確認できます。そんなに細かいデータがのっているわけはないので、レイアウトチェックに使うといいと思います。結構有名どころの手帳が多いです。

5.システム手帳

きた!苦手分野(笑)
使っていないので正直さっぱりわかりませんが、リフィルを選べるのがいいなーとは常々思っています。もし使うとすればリフィルだけ購入し、カバーは自作すると思う。。
「40男が持つべき」と書いてあるので、こういう手帳を使うことが一種のステータスなのかもしれませんね。

6.趣味手帳

これが一番おもしろかった!
手帳の使い勝手とか一切無視!というのは言い過ぎですが、趣味に振り切った手帳です。知ってたのはマークスのTRAVELING EDiTくらいです。(これはそこまで振り切ってない気もする)

趣味手帳とか考えたことなかったなー。仕事でこれを出されるとびっくりしますが、ネタにはなりますよねー。手帳としての使い勝手が悪いわけではなく、付録が充実してたりイラスト等が追加されている程度みたいです。(実物をチェックしていないので、詳しいことはわかりません)

ガンダムファンの人、この手帳買わないかな〜?(私はガンダムわかりません)
機動戦士ガンダム シャア専用手帳 2016

だれか文房具手帳作ってください。紙とかおもしろいやつ。月ごとに紙が変わるとか。(考えただけでおもしろそうだけど大変そう。。。)

7.手帳カスタマイズ

ふせん、ペンホルダー、しおりの紹介です。こちらで紹介したペントネものってますよー
【ISOT2015】新たな視点から生まれたふせん。(株)カンミ堂の「PENtONE」

8.ほぼ日手帳

見開き1ページほぼ日手帳の特集です。

手帳記事以外もオススメ

ざっと読みましたが、あまり興味のない分野の記事も楽しく読めました。ちょっと偏ってるところもあると思いますがたまにはこういう雑誌もいいなー。

(Visited 54 times, 1 visits today)