さて、今年も行って参りました、ISOT2016。正式には「国際文具・紙製品展」。
その中で気になった商品をボチボチと上げていきたいと思います。
まずは「JIYU-Style」という手帳です。

自由が丘生まれの自由な手帳「JIYU-Style」

「自由が丘生まれ」を強調していますが、この手帖を開発したのは「株式会社産業能率大学出版部」、つまり大学の出版部が開発した手帖です。
「手帳」ではなく、あえて「手帖」と表記しているのは、この商品の表記が全て「手帖」だから、です。

JIYU-STYLE – 自由が丘生まれの自由な手帳

ラインナップはそれなりにありますね・・・

ラインナップは大きく2つ、細かく3つ

ラインナップとしては大きく2つありました。

J-Line / ブロックタイプのマンスリーノート

j-line01

ブロックタイプのスケジュールカレンダーと方眼タイプのメモページの組み合わせです。

月間のスケジュールカレンダーが見開きで毎月用意されています。それにプラスしてメモページが3ページ用意されています。
用途としては、毎日たくさんは書かないけど、月単位ではそれなりに書くことがある、とか、視認性の高いスケジュール管理がしたい、などかな、と思います。

j-line_naka@2x

方眼は画面で見るほど濃くありません。よく考えられた濃さ、だと思います。

別冊として「JIYU-Style SUPPLEMENT」という冊子が付いています。
こちらには自由が丘のイベント情報やスイーツマップなど、自由が丘の情報がいろいろと記載されています。

サイズはB6判(W125×H182mm)。
色はブラック・ブルー・イエローの3色から。

U-Line / ダイアリータイプ

こちらはダイアリータイプの「U-Line」。サンプルをいただいてきましたので、試用についてはまた後日。

大きな特徴としては、1年分が4冊、つまり季節毎に分かれている点、でしょうか。
2902
パッケージもかっこいいので、使い終わって飾って置いてもいいでしょうね。

u-1

4冊それぞれ色が変えてあります。背表紙もシンプルで個人的にとても好みです。
2901

u-line_naka@2x

表紙は紙クロス張り。手触りも見た目もとてもいいですね。
見開きで週間スケジュールが記載でき、それとは別に1日1ページ、方眼タイプのページがあります。ですので、ダイアリーとして使うには最適です。

そして紙は「ほぼ日手帳」で一躍有名になった「トモエリバー」を使用しています。ので、1冊がとても薄く、持ち歩きやすくなっています。

別冊でマンスリータイプの手帖も付いているので、至れり尽くせりです。

そして、こちらはラインナップが2つ、ハードカバーの「covered」、ソフトカバーの「naked」があります。
「naked」はこんなデザイン。こちらもなかなかかっこいい。
08

サイズはA5判(W148×H210mm)。

シンプルなので使いやすい、そんな手帳

全体的にとてもシンプルで、飾り気がない、でもその分使いやすい。
飾り気がないからと言って、デザインを殺してるわけではなく、逆にデザイン性が高くなっている、そんな手帖です。

来年はスケジュール帳辞めようと思ったけど、これなら使ってみていいかも・・・

ちなみに既にAmazonなどは売り切れのため、リンクは貼りません。
直接サイトへどうぞ。

JIYU-STYLE – 自由が丘生まれの自由な手帳

(Visited 817 times, 1 visits today)