さて、1号さんが個人的にお気に入りな(と連呼していますが)産業能率大学出版部(以下、産能大出版部)様の「JIYU-Style」。
やっと2018年度版で「J/I/Y/U」が揃った、ということで、今回もご提供いただきました。
今回は「U-Line」をレビューしてみたいと思います。

「J-Line」と「I-Line」のレビューはこちらをご覧ください。

https://carnet.ink/14464

また、前年度分ですが「Y-Line」のレビューはこちら。

1号さんが強烈にファンになったきっかけはこれです、「U-Line」です。

どちらも「U-Line」なのですが、箱に入ってる方が「ハードカバータイプ」、そうじゃない方が「ソフトカバータイプ」です。
基本仕様は同じで、カバーの違いと箱入りか箱なしか、の違いとなります。

今回は「ハードカバー」の方でレビューをしてみます。

ちなみに「U-Line」は4月スタートです。他の3つのLineは3月スタートとなります。
ご注意ください。

まずは開けただけでドキドキする外観から。

この外観、好きなんですよね。シンプルだけど主張がしっかりあって、かと言って主張し過ぎない。
デザイナーのセンスが感じられる、また、JIYU-Styleの「スタイル」がいちばん感じられるのがこの「U-Line」だと個人的に思っています。

そして中には5冊の手帳が入っています。
「え?4冊じゃないの?」と思うかも知れませんが、5冊です。

中を見てみましょう。

紙はトモエリバーを使っています。
「ほぼ日手帳」で有名になったトモエリバー、薄い割に裏写りしにくく、万年筆でも裏写りしにくい、ということで有名になりました。
この「U-Line」でもその薄さが充分活かされています。

基本はウィークリーバーティカルとデイリーページ

用途がいろいろと考えられる、汎用性の高いページ構成です。
逆に「書くことない!」という人も出てきそうではあります(私とかそのタイプ・・・・)。

この控えめな感じがやはり好きですね。

1週間は7日なので、どうしても最後1ページ余ります。そこはフリーページになっています。

私が意外と気にするのが「パーソナルデータ」のページ。落としたり、何かあったときに命綱の一つになり得るページでもあります。
ここの内容がしっかりしてると安心しますね。

さて、「Four Seasons」なのに5冊あることが分かったのですが、もう1冊はこれです。

ブロックタイプのマンスリー手帳が1冊、付いてきます。
これでスケジュール管理を、との事。これも併せて用途がいろいろと考えられますよね。

というわけでかなり充実しているのがこの「U-Line」です。

ハードカバータイプが定価 5,400円(税別)、ソフトカバータイプが定価 3,700円(税別)でAmazon.co.jpや直販ネットショップ、文具店などで販売中です。

オフィシャルサイト
http://www.sannopub.co.jp/JIYU-STYLE/index.html

(Visited 440 times, 1 visits today)