どうも2号さんです。
連続で記事を書いているので書くことがありません。
最近ほぼ天気ネタです。

子供と家族の学ぶ文具

ここも見事に別れました。というか、別部門で選ばれていたものが多い印象です。
部門を明確に分けるって難しいですからね。捉え方によって違いますし。
この中で選ぶとしたらキッターかな?
子供用だからといって切れ味の悪い刃物を使わせるのはかえって危険です。これはオルファだから間違いないと思います。ただこれに関しては細かい情報がまだ出ていないのでよくわからないです。

子供と家族の学ぶ文具 – 【国際】文具・紙製品展

作って・飾って、楽しいクラフト用品

この部門は「ご朱印帳手づくりキット」が2票入っています。
小さな幸せを感じる御朱印帳「ご朱印帳手づくりキット」 – 御朱印帳専門店 ホリーホック
私もこれ選ぶかなー。

調べてみたら御朱印手作りキットって他にもあるみたいなので、これが特別というわけではないのですが、御朱印帳専門店がつくっているというだけでなぜか安心感があります。パッケージもシンプルでいいですね。

作って・飾って、楽しいクラフト用品 – 【国際】文具・紙製品展

注目の「手帳・カレンダー・ブックカバー」

これだけ「注目の」という言葉がついているのが気になりますね。
この部門は「レシート日記」が3票入っています。

お小遣い帳とか家計簿とは違い、レシートを貼って感想を書くタイプのようです。(逆にアナログで家計簿つけてる人には向かないですね)
家計簿つけるのは苦手だけど、この日どこに行ったとかなにを食べたとか軽いメモに使うのにはいいかもしれません。日記は書けないけどこれなら書けそう?かな??

気になったのはブックカバーが2つ(別のものですが)選ばれていることですね。タイトルに入っているというのはもちろんあると思いますが、電子書籍がある程度復旧してきた今でもさっと読めるアナログの本はまだまだ人気があるんだなぁと感じました。

注目の「手帳・カレンダー・ブックカバー」 – 【国際】文具・紙製品展


以上、文具PR委員が選ぶ注目製品<後編>でした。気になる商品はありましたか?
まだ発売されていない商品もあると思いますが、そのうちお店に並ぶと思いますので楽しみにしておきましょう。

※掲載画像は国際文具紙製品展ISOT事務局の許可の元、使用しております。無断に使用・転載することを固く禁じます。

(Visited 79 times, 1 visits today)