さて、先日より書いている「JIYU-Style」のレビューその2は「I-Line」と「Y-Line」。
「I-Line」は昨年リリースされた、「JIYU-Style」最後の刺客・・・・いや、最後にリリースされた手帖になります。
「Y-Line」はちょっと形状が珍しいです。というか、この2つは飛び道具的・・・と言ってもいいかも。

昨年も既にレビューを書いていますので、詳細はそちらをご覧いただいた方がいいかもしれません。

産業能率大学出版部の”自由な手帳”「JIYU-Style」2018年度版 「I-Line」をレビュー

ちょっと変わったウイング型手帳、産能大出版部の「JIYU-Style Y-Line」

I-Lineは「WORK」「PRIVATE」両方のスケジュールが管理しやすい”両面手帖”

I-Lineの特徴は”両面手帖”です。
両面手帖、と言ってもピンときませんね。




表紙の色が違いますよね。
黒い表紙には”WORK”と書いてあります。

ベージュの表紙には”PRIVATE”と書いてあります。

つまり、表と裏で用途が違う手帖、というわけです。

ちなみに”WORK”と”PRIVATE”の境はこんな感じに。

今回、色が変わりました。
昨年のドット柄をネイビーブルーに、チェック柄はなくなって代わりに上記の黒・ネイビー2色型になっています。

仕事とプライベートの予定を別々に管理したいけど手帖を2冊は持ちたくない、という方、ちょっと変わった手帖が欲しい方、是非検討してみて下さい。

【I-Line】
サイズ : B6スリム(W108 x H176mm)
構成 : マンスリー x 2 + ウイークリー + メモ
ページ数 : 192ページ
本文用紙 : WORK / クリームキンマリ  PRIVATE / 白上質紙
色 : NAVY BLUE / PINK & WHITE / BLACK & BEIGE
価格 : 2,200円(税別)



Y-Lineはガントチャート付きの変形タイプ

Y-Lineはちょっと不思議な形状です。

パッと見、あまり変な感じはしませんよね。
ところがこれ、真ん中から開くんですよね、こんな感じで。

これ、いわゆるガントチャートになってます。
しかも1年分が俯瞰で見られる(笑)。なかなかないですよ、1年分って。

とりあえず私の場合、イベントの予定とかを書き込むのにいいかな、と思ってます。
見付けた時にメモしておかないと忘れるんですよね・・・

このガントチャート部分の前はマンスリーページと数種類のメモページ、後ろは週ごとの罫線メモページです。
「J-Line」の真ん中にガントチャート付けた、と言うとイメージしやすいかも知れませんね。

この手帖がいちばん人を選ぶ気がします(苦笑)。
ただ、ハマる人はかなりハマる、そんな手帖です。

【Y-Line】
サイズ : B6版(W125 x H182mm)
構成 : マンスリー + ノート / 48ページ + 96ページ
本文用紙 : クリームキンマリ
色 : 黒 / ネイビー / グレー
価格 : 1,800円(税抜)

Y-Line B6ウィングマンスリー・グレー Y1GR (2019年版4月始まり手帳) (JIYU-Style)

Y-Line B6ウィングマンスリー・グレー Y1GR (2019年版4月始まり手帳) (JIYU-Style)

1,944円(04/24 15:18時点)
発売日: 2019/02/25
Amazonの情報を掲載しています


Y-Line B6ウィングマンスリー・ブラック Y1BK (2019年版4月始まり手帳) (JIYU-Style)

Y-Line B6ウィングマンスリー・ブラック Y1BK (2019年版4月始まり手帳) (JIYU-Style)

1,944円(04/24 15:18時点)
発売日: 2019/02/25
Amazonの情報を掲載しています