どうも。2号さんです。
扇風機で湿気とんでいかないかな
(訳:ムシムシしていて思考が現実逃避しています)

今日はちょっと変わったノートの紹介です。「白と黒で書くノート」というタイトルだけではちょっとわかりにくいですが、簡単に言うと「グレーの紙のノート」です。

こんな感じ。数式が書いてあるだけで頭良さそうですし、グレーなだけでかっこよいのでずるいと思います。

表紙も見てみましょう。

かっこいいんだけど…なんで左上だけひらがななんだろう。わかりやすいけど、裏でもよかったかもしれません。

あと写真で気づいた方もいらっしゃると思いますが、普通のノートと縦横比が違います。これは見開き時16:10にしてあるそうです。パソコンのディスプレイを意識したらしいです。それもあってかどうかはわかりませんが、フラットに開くような綴じ方になっています。特殊サイズとはいっても少し幅が広いくらいなので特に使いにくいことはないと思います。

元々白いノートに黒い文字はコントラストが強すぎるのが好きではなく、セピアやグレーなどのペンを愛用していたのでグレーの紙と聞いて「めっちゃいいやん…」とつぶやいてました。マイルドライナーのグレー使ってみたいです。全然目立たなかったらおもしろい。

白いペン、結構前に数本買ってあるのですが、あまり使い道がなくて眠ってるんですよね…このノートに使うとこんな感じになります。

割と視認性がいいように感じます。見え方は人によって違うのでコントラストが低くなった分見にくく感じる方がいるかもしれません。

このノート、普通に欲しくなったのですが、売っているところがかなり限られています。
店舗だと千駄ヶ谷の「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」のみになります。
THINK OF THINGS
あとはオンラインショップのみです。
コクヨデザインアワード受賞作品の中から製品化した商品|コクヨショーケース

仕様を引用しておきます。

品名 :白と黒で書くノート
品番 :TTDA-KN03
サイズ:H210 x W168mm
材質 :中紙 / 上質紙
中紙仕様:5mm 方眼罫, 50 枚
価格 :900 円(税抜)
発売日:2020年6月25日

色はグレーですが、紙は普通なので50枚900円といわれると少しお高めですが、唯一無二なのでこのくらいしても仕方ないと思います。サイズが規格サイズになったり量産化されたらもう少し値段が下がるとは思いますが、量産化されることはないだろうな…と思います。(個人的意見です。量産化されたらうれしい)

東京以外で実物を見る機会がないのはちょっと残念ですが、通販があります。気になる方はぜひ。