さて、統一地方選挙が終わりました。選挙、行きましたか?
選挙に行くといつも気になるのが、あの鉛筆でスッと書ける素晴らしい書き味、鉛筆の発色も素晴らしいあの「投票用紙」。
普通の紙じゃなさそうです。ので、調べてみました。

投票用紙の特徴

テレビで開票の様子が映されたり、実際に開票所に行かれたことがある方はご存じかと思いますが、投票箱から投票用紙を「バサーッ」と出した時、何かに気付きませんか?
そう!出した時に勝手に投票用紙が開いていくんです。
これも紙の特徴なのでしょうか?

そして、鉛筆でもスムーズに書け、それほど強く書かなくてもキレイに発色します。

その紙の名前は「ユポ」

実は投票用紙、天然紙ではありません。
「ユポ」というポリプロピレンから作られた紙です。

「ユポ」は優れた耐久性や強度を持ち、プラスチックフィルムと天然紙それぞれの長所を持っています。
木材パルプを一切使わず、森林保全の目的で開発されました。

ポリプロピレンで生成されているので耐水性に優れています。水分にも強く、水につけても溶けたりせず、変形もしません。
合成樹脂フィルムのようなものなので若干伸びますが、切れ目を付けると切り裂くことは可能。
一般的な筆記具がほとんど使えます。が、水を吸わないので水性のものは適しません(水を吸うものや捺印できるものも開発されている)。

詳細はWikipediaを。

ユポ – Wikipedia

素晴らしい紙なので特殊用途に・・・

そんな紙なのでちょっと特殊な用途に使われています。

例えば、ダイバーが水の中で使う紙だったり、医療現場だったり。

ダイバーについてはもちろんその耐水性によるものです。水の中でも書ける紙というのはなかなかありません。

医療用は、紙の粉がほとんど出ないことから使われています。
また、歯科ではセメントの錬り台紙としても使われています。使い捨てが出来るので便利だとか。

一般販売はしてないの?してます!

そんな素敵な紙なら普段使ってみたい気もしますよね?
一般販売してないのかな〜??と思ったら、売ってました!!

測量野帳になるのでしょうか、このサイズ。
外で頻繁にメモを取る方はこのサイズ、いいようです。

もう一つはあの「ライフ」のメモ帳「アウトドアメモ」です。

一般的なメモ帳サイズ、これなら使いやすいですよね。

他にも「アウトドアメモ」はA7版もあります。

「ユポ」紙が気になる方はこちらを使ってみてはいかがでしょうか?

(Visited 113 times, 1 visits today)