どうも2号さんです。
秋らしくなってきましたね〜。
そろそろ来年の手帳を考える季節です。早っ!

いや、ほんと早すぎると思うでしょ?私も思ってました。ただ、この時期に売り切れてしまう手帳も存在するらしいです。私はそこまで強いこだわりがないのでなくなってしまったらそこで諦めますけど。。

いやはや。マニアってすごいですね。

手帳事典を買いました

この前紹介した本の中でも一番気になっていた手帳事典を買ってしまいました。


Amazonにも在庫がないみたいでこの記事を書いている時点では1〜4週間以内に発送らしいです。
楽天ブックスは在庫があるみたいです。
好評につき売切れです

手帳を大きく6つに分類

掲載されている手帳を6つに分類してあります。

  1. 多機能手帳
  2. デザイン手帳
  3. 王道手帳
  4. 著名人プロデュース手帳
  5. コンセプト手帳
  6. 超個性派手帳

各項目ごとに5〜7個程度、4ページにわたって詳しく解説されています。
一つの手帳に4ページも使っている本はなかなかないですよね。
その他にも同じ分類に入る手帳がすこし紹介されています。
表紙に81冊と書いてありますが、詳しく解説されている手帳はそのうち38冊です。(目次に手帳名が書いてあります)

最初のチェックリストで自分の好みを整理

この本の最初の方にチェックリストがあります。たくさんある手帳の中から自分にあった手帳を選ぶには自分の好みを把握することが一番近道。その手助けをしてくれるのがこのチェックリストです。

用途と感性の項目がありますが、特に用途ははっきりさせておいた方がいいと思います。これだけでも随分絞れるんじゃないかな?

手帳データが見やすい

最初のページに手帳のデータがまとめられています。ここだけ見てもある程度の情報がわかります。

開き方/サイズ/しおり/フォーマット(デイリー/ウィークリー/マンスリー)時間軸/総ページ数/厚さ/重さ/フリーページ/罫/基本情報(商品名/メーカー名/価格/url)

次のページにはその手帳の特徴、次の2ページは見開きが実物大で紹介されています。(しかも使用例付き)
手帳はノートと違い、紙の色や罫線の色が様々です。文字の見やすさの確認もこのページでできると思います。

まだまだ知らない手帳がいっぱい

毎年手帳コーナーはいろいろ見て回るのですが、詳しく紹介されている38冊の中にも知らない手帳がありました。私もまだまだですねー。他にも実際に見て見たい手帳がいくつかあったので、店頭で探してみたいと思いました。

一番気になったのは「ILECO CALENDAR」

今回掲載された手帳の中で私が今まで見たことがなく、気になったのは「ILECO CALENDAR」


紙はトモエリバーだし、スリムで小さそう(手帳タイプのスマホケースなら入るかもしれない)。中も結構特殊で、月間と週間が一目で確認できるタイプ。このタイプは他にもあるのですが、このサイズは見たことがありません。罫線の色が青というのがどうかなーという感じ。

一度実物を見てみたいのですが…どこで売ってるんだろう。。。

資料や読み物として楽しい本

ここまで細かいデータはいらない人がほとんどだと思うので、すごくオススメ!とは言いにくいのですが、自分が使っていたり見たことがある手帳にこんな工夫が隠されてたんだと思うと結構おもしろいです。使用例のバリエーションも豊かなので参考になります。
少し高いとは思いますが、フルカラーでそこそこのページ数があり、資料的な要素もあるので買う価値はあると思います。

手帳選びで迷ってしまう方、手帳が好きな方、ちょっと変わった手帳を使ってみたい方にオススメです♪


好評につき売切れです

(Visited 159 times, 1 visits today)