どうも2号さんです。
今年の夏はちょっと暑すぎますね。
それに比べて建物の中、クーラーききすぎてません?あれで体調悪くなる気がするんですけどねー。


今回はちょっと変わった懸賞を見つけたので紹介します。

集英社Webマガジンのサイトで「文房具小説賞」の募集が始まっていました。協賛はぺんてるさんです。

応募内容は「文房具のある物語」
400字詰め原稿用紙50枚以内です。

賞金は3万円、副賞はぺんてるの文房具セットだそうです。

詳しい募集要項はこちら。
ぺんてる×集英社WebマガジンCobalt 文房具小説賞

協賛がぺんてるさんなので、ぺんてるの文房具が出てくる話がいいのかもしれませんが、募集要項には特にそういう規定はなさそうです。(採用されやすさとかはわかりませんけどね)

文房具関係の小説で最近ちょっと有名になったのはツバキ文具店かな?


内容はよくしらないのですが、文房具好きの人が何人か読んでいたみたいです。

文章に自信のある文房具好きの方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

(Visited 68 times, 1 visits today)